ホーム » THE21 » トピックス » 「脳のクセ」を知って片づけベタを克服!

「脳のクセ」を知って片づけベタを克服!

2018年04月09日 公開

加藤俊徳(脳内科医)

「片づけ脳」を作る脳番地の鍛え方

「小さな頃から片づけが苦手」「片づけろと言われても、どこから手をつければいいのかわからない」。どうしても整理整頓ができない人はいるものだ。だが、それを生まれつきだと諦めるのは早い。実は片づけられない理由は「脳のクセ」であり、それさえ直せば整理整頓は誰にでも可能。自らも片づけ下手を克服した脳科学者の加藤俊徳氏に、「片づけ脳」の鍛え方をうかがった。

 

「できる人は片づけ上手」は本当か?

 仕事ができる人のデスクは整理整頓されている。巷ちまたで噂されるこの言葉は本当なのか。脳科学者の加藤俊徳氏は、「仕事ができる人」と「整理整頓」の関係を次のように説明する。

「仕事ができる人は、仕事や自分自身、身の回りにあるモノをコントロールする能力に長けています。納期から逆算して計画を立てる、風邪をひかないよう体調管理をする、デスクを整理整頓する……。つまり、デスクが綺麗だから仕事ができるというより、整理整頓ができる人だからこそ、仕事ができることが多いのです」

 ただ、世の中には整理整頓は苦手でも仕事ができる人もいる。

「そういう方も一部いますが、脳のメカニズム的にも、整理整頓はしたほうが良いでしょう。散らかったデスクで仕事をすれば意識が分散されて集中力が落ち、必要な資料がすぐに見つからなければ、そのぶん生産性も下がります」

次のページ
片づけられない人は、脳に余裕がない!? >



著者紹介

加藤俊徳(かとう・としのり)

医師・医学博士、加藤プラチナクリニック院長

MRI 脳画像診断、発達脳科学の専門家。
新潟県立長岡高校、昭和大学医学部、同大大学院を卒業後、1991年脳活動の計測原理fNIRSを発見。1995 年より、米国ミネソタ大学放射線科MR 研究センターに研究員として6 年間在籍。帰国後は慶応大学、東京大学などで脳の研究。2006 年、株式会社「脳の学校」設立。現在もMRIを使って幅広い年齢層の脳の個性を診断し脳番地トレーニングを実施している。
著書は『脳の強化書』(あさ出版)、『脳の学校ワークブック』(ポプラ社)など多数。

関連記事

編集部のおすすめ

好きなことをして「脳のアンチエイジング」を

茂木健一郎(脳科学者)

40代からはワーキングメモリを鍛えよう

篠原菊紀(脳科学者)

それって認知症の始まり? 「あれ、なんだったっけ?」の原因は?

長谷川嘉哉(医学博士、認知症専門医)

『龍使いになれる本』10万部超の著者大杉日香理と歴史NO.1雑誌『歴史街道』 編集長と行く! 香取神宮 日帰りバスツアー

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
『龍使いになれる本』10万部超の著者大杉日香理と歴史NO.1雑誌『歴史街道』 編集長と行く! 香取神宮 日帰りバスツアー

話題のビジネス・スキルをやさしく解説するとともに、第一線で活躍しているビジネスパーソンの
プロのノウハウを紹介するなど、「いますぐ使える仕事術」が満載されています。