ホーム » THE21 » インタビュー » 40代は「会社に頼らない生き方」を目指そう!

40代は「会社に頼らない生き方」を目指そう!

2018年06月13日 公開

柳川範之(東京大学大学院経済学研究科教授)

 

40代に必要なのは「スキルの斜め展開」

 とはいえ、40代から新しいスキルを習得できるのだろうか。

「誤解が多いのですが、ミドル世代のスキルアップは、まったく新しいことに挑戦する必要はありません。やるべきなのは、『スキルの斜め展開』。今持っているスキルの幅を少し広げてみる、または今と少しだけ違う方向へスキルを伸ばしてみる。それが40代の能力開発です。

 加えて、転職に備えてぜひやっておきたいのが、今持っているスキルの普遍化です。

 一つの会社で培ってきたスキルは個別性が高く、そのままでは外部で通用しません。ただし、今までに得た知識や経験は無駄ではなく、それらをいったん抽象化し、体系化して整理すれば、普遍的なスキルとして他の場所でも役立てられます。

 知識や経験を整理するときに役立つのが、経済学や経営学、心理学、法学といった学問です。社会経験が豊富なミドルだからこそ、学説を読んだときに『あの現場で経験したのは、こういうことだったのか』と、自分の中にあるものを整理できる。すると、自分のスキルを汎用性のあるものと、個別にアレンジすべきものとに整理できるので、会社が変わっても自分のスキルを適応させることができます」

 そして柳川氏は、40代のうちにセカンドキャリアを考えることの重要性をこう話す。

「40代は多くの仕事を任され、会社に頼られる立場です。ところが50代になると、気づいたときには会社に居場所がなくなっていることも多い。40代は目の前の仕事が忙しく、脂の乗った時期だからこそ、いざとなってから慌てないよう、早めに手を打っておくことが必要です」

≪『THE21』2018年6月号より≫
≪取材・構成:塚田有香、写真撮影:長谷川博一≫

癒しフェア2018 東京(8月)、大阪(3月)出店者大募集!!

著者紹介

柳川範之(やながわ・のりゆき)

東京大学大学院経済学研究科教授

1963年、埼玉県生まれ。83年、大学入学資格検定試験合格。88年、慶應義塾大学経済学部通信教育課程卒業。93年、東京大学大学院経済学研究科博士課程修了。93年、慶應義塾大学経済学部専任講師。96年、東京大学大学院経済学研究科助教授。2007年、制度変更により同准教授。11年より現職。『40歳からの会社に頼らない働き方』(ちくま新書)など著書多数。

関連記事

編集部のおすすめ

【動画】出口治明氏が考える「ミドル世代の転職の心得」とは

出口治明(立命館アジア太平洋大学学長)

40代の転職、成功の秘訣とは!?

山崎 元(経済評論家)

「40代からの転職」その現状とは?

高本尊通(プロフェッショナルバンク ヘッドハンター)


WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
癒しフェア2018 東京(8月)、大阪(3月)出店者大募集!!

話題のビジネス・スキルをやさしく解説するとともに、第一線で活躍しているビジネスパーソンの
プロのノウハウを紹介するなど、「いますぐ使える仕事術」が満載されています。