ホーム » THE21 » トピックス » ストレスフリーの 「ミニマルオフィス」 仕事術

ストレスフリーの 「ミニマルオフィス」 仕事術



2018年06月09日 公開

小山龍介(ブルームコンセプト代表取締役)

1つのツールを何通りにも使いこなす

 ここで改めて「ミニマルオフィスとは何か」を定義すれば、「モノを必要最小限に減らすことで、効率よく快適に仕事ができるオフィス」のことです。モノを減らすには、1つの道具を幾通りもの用途で使い回す「ワンツール・マルチユース」の考え方が重要です。

 私の場合、仕事道具はスマホとiPadに集約し、通話やメール、ネット閲覧、録音、メモ、テレビ視聴、読書など多岐に渡る用途に使っています。これにより固定電話やPC、メモ帳などをなくすことができます。

 最大の問題である紙の書類は、すべてスキャンしてデータで保存。とはいえ、スキャナーは持っていません。高性能なアプリで十分代替できるからです。

 提出書類や資料もできる限りデータでやり取りするようにしています。昔は、出張に小型プリンターを持ち歩いたこともありました。今なら、コンビニで印刷できます。

 決算書類や契約書、法律で保管が義務づけられている書類に関しては、寺田倉庫が提供する「minikura」などの保管サービスが便利です。

次のページ
アマゾンを倉庫代わりに使え! >



著者紹介

小山龍介(こやま・りゅうすけ)

㈱ブルームコンセプト代表取締役

1975年、福岡県生まれ。大手広告代理店勤務を経て、米国MBAを取得。その後、松竹で歌舞伎をテーマに新規事業を立ち上げた。2010年、ブルームコンセプトを設立し、現職。コンセプトクリエイターとして、新規事業、新商品などの企画立案に携わり、さまざまな商品や事業を世に送り出している。著書に『IDEA HACKS!』(東洋経済新報社)をはじめとするハックシリーズなど多数。

THE21 購入

2020年10月

The21 2020年10月

発売日:2020年09月10日
価格(税込):700円

関連記事

編集部のおすすめ

「脳のクセ」を知って片づけベタを克服!

加藤俊徳(脳内科医)

「8割捨てる」ことで仕事はスイスイ回り出す!

やましたひでこ(クラター・コンサルタント)

メンタリストDaiGoの呪文で「片づけられる自分」になる!

日本最大級の癒しイベント出展社募集中

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
日本最大級の癒しイベント出展社募集中

話題のビジネス・スキルをやさしく解説するとともに、第一線で活躍しているビジネスパーソンの
プロのノウハウを紹介するなど、「いますぐ使える仕事術」が満載されています。

×