ホーム » THE21 » トピックス » 「5秒筋トレ」で 太らない身体を作る!

「5秒筋トレ」で 太らない身体を作る!



2018年06月22日 公開

松井 薫(パーソナルトレーナー)

「筋肉」に投資する!

仕事が忙しく働き盛りの40代は、つい運動不足になりがち。運動の大切さはわかっていても、なかなかその時間が取れないビジネスマンは多いだろう。このままでは、太って見た目が悪くなるだけでなく、筋肉量の減少からさまざまな健康リスクを引き起こすことになる。そこで、パーソナルトレーナーとして活躍する松井薫氏に、いつでもどこでも簡単に実践できる「5秒筋トレ」を教えていただいた。

 

筋肉の衰えにより高まる病気のリスク 

 急に体重が減りにくくなり、お腹がぽっこりとしてきた──。いわゆる「中年太り」と呼ばれるこの現象は、筋力の衰えによる基礎代謝量の低下が原因と考えられています。

 基礎代謝とは、心臓を動かす、体温を維持するといった、生きるうえで最低限必要な活動のこと。そこで消費するエネルギーは筋肉があるほど多いのです。ところが、とくに運動をしなければ20代以降およそ一年に0.5~1%のペースで筋肉量は減っていき、40代以降はその落ち込みが大きくなります。

 消費するエネルギーが年齢とともに低下するにもかかわらず、若い頃と同じように飲み食いをすれば、摂取したエネルギーは消費を上回る。その結果、余分なエネルギーが脂肪として蓄積されてしまうのです。

 肥満が高血圧や高脂血症、糖尿病、脳梗塞、腎臓病、心筋梗塞などの病気を招きやすいことは、皆さんもよくご存じのはず。加えて近年では、肥満によるコレステロール値の上昇が、認知症のリスクを高めることも指摘されています。

 筋肉量の低下による悪影響は肥満だけではありません。たとえば、背骨を支える筋肉の衰えによる腰痛。悪化すれば、骨と骨のクッションである椎間板が衰えて、圧迫骨折を起こしやすくなります。さらに、膀ぼう胱こうや腸などを支えている骨こつ盤底筋が衰えれば、尿意を催したときに我慢できなくなる。これらは、高齢者の病気というイメージがありますが、最近では40代にも多く見られます。

次のページ
呼吸と姿勢を変えるだけで筋肉は鍛えられる! >



著者紹介

松井 薫(まつい・かおる)

パーソナルトレーナー

療系国家資格)、国士舘大学特別研究員。任天堂「Wii Fit 」のTR監修も務める。ボディメイクから、腰痛改善などの治療分野まで目的に合わせたパーソナルトレーニングを実施。最新刊は『5秒トレで燃えよ!内臓脂肪』(宝島社)

THE21 購入

2020年9月

The21 2020年9月

発売日:2020年08月07日
価格(税込):700円

関連記事

編集部のおすすめ

棚橋弘至の「全力」お悩み道場5~筋トレをするとモテる理由

棚橋弘至(プロレスラー)

ダイエットに効く! メンタリストDaiGoのすっごい呪文

40代から健康寿命を伸ばす「3つの習慣」

満尾 正(満尾クリニック院長)
日本最大級の癒しイベント出展社募集中

アクセスランキング

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
日本最大級の癒しイベント出展社募集中

話題のビジネス・スキルをやさしく解説するとともに、第一線で活躍しているビジネスパーソンの
プロのノウハウを紹介するなど、「いますぐ使える仕事術」が満載されています。