PHPオンライン衆知 » THE21 » トピックス » トウモロコシは「宇宙からやってきた」植物だった!?

トウモロコシは「宇宙からやってきた」植物だった!?

2018年07月17日 公開

稲垣栄洋(植物学者)

トウモロコシが人類を利用している?

食品だけではない。現在では工業用アルコールや糊もトウモロコシから作られており、ダンボールなどさまざまな資材も作られている。

最近では、限りある化石資源である石油に代替するものとして、トウモロコシから燃料であるバイオエタノールも作られている。

21世紀の現代、私たちの科学文明は、トウモロコシ無しには成立しないほどだ。もしかすると、どんなに科学技術を誇っても、私たちの文明もマヤの文明と本質的にはあまり変わっていないのかも知れない。

もっとも、科学技術が進んだ現代では、トウモロコシはさまざまな品種改良が行われている。最近では遺伝子組み換え技術も盛んに行われて、改良を加えられた新しい品種が次々に生み出されている。

しかし、どんなに改良が進められても、トウモロコシはトウモロコシである。遠い昔に、「トウモロコシ」という、他の植物とはまったく性質の異なる奇妙な植物を作りだすような劇的な改良は行われていない。いや、そんなことは現代の科学技術をもってしてもできないのだ。

それでは、遠い昔、どのようにしてトウモロコシは作りだされたのだろうか。

もしかすると、本当に宇宙からもたらされたのだろうか。

謎は深まるばかりである。

そして、人間はトウモロコシを栽培し、利用していると思っているかも知れないが、トウモロコシからしてみれば、今や人間の手によって世界中で栽培されている。

植物は分布を広げるために、さまざまな方法で種子を散布する。そう考えれば、トウモロコシほど分布を広げることに成功した植物はない。

もしかすると、トウモロコシの方が人間を利用しているのかも知れない。

THE21 購入

2021年12月号

The21 2021年12月号

発売日:2021年11月10日
価格(税込):700円

関連記事

編集部のおすすめ

日本を作った「イネ」。そのすごい力とは?

稲垣栄洋(植物学者)

コロンブスがトウガラシを「ペッパー」と呼んだ意外な理由

稲垣栄洋(植物学者)

「ジャガイモ」を愛したマリー・アントワネットの悲劇

稲垣栄洋(植物学者)

2月開催!!ハッピーウーマンオンラインセミナーシリーズ-Dr.クリスティンペイジ

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
2月開催!!ハッピーウーマンオンラインセミナーシリーズ-Dr.クリスティンペイジ

話題のビジネス・スキルをやさしく解説するとともに、第一線で活躍しているビジネスパーソンの
プロのノウハウを紹介するなど、「いますぐ使える仕事術」が満載されています。

×