ホーム » THE21 » 仕事の悩み » 「自己肯定感が低い人」ほど人生ソンする理由とは?

「自己肯定感が低い人」ほど人生ソンする理由とは?

2018年07月29日 公開

大嶋信頼(心理カウンセラー)

実は自己肯定感が低い人ほど「ナルシスト」?

自己肯定感は、努力して周りの人たちから認められるようになったら高くなる、と思っていたのに、いくら努力をしたってちっとも認められない……。そもそも自己肯定感が低いまま努力をしたって「何をやったって中途半端!」という感じで何も成し遂げられません。

しかも、何も成し遂げられないのに「誰からも認められないで不運なだけで、本当は自分はすごいものを持っているんだ!」と妙なプライドはそのままなんです。

私は、海外にいたときに「自己肯定感が高い人ってナルシストみたい!」と思って、内心バカにしていましたが「あれ? もしかして自己肯定感が低い私のほうがナルシストなのかも?」と混乱してしまいます。

だって、自己肯定感が高かった人たちは、どんどんいろんなことを成し遂げていくのです。一方、私は思っているだけで何も現実にすることができないくせに、心のどこかで「自分は優れたものを持っているはず」と誰からも認められていないのに信じつづけているわけですから。

 

「愛されたい」という思いが自己肯定感を下げる

最近になって「あ! なんだ! 自己肯定感が低い人の仕組みってこうなっているんだ!」ということが見えてきました。

これまでは「気が弱い」とか「弱虫だから」や「ビビリ屋だから」自己肯定感が低いんだ、と思っていたのですが、これが違っていて「ただ、自己肯定感が低い、という役割を演じさせられているだけ!」ということが見えてきたのです。

はっきり言ってしまうと、自己肯定感が低いということは「損な役回りをやらされているだけ!」ということなんです。

「何をやってもうまくいかない!」、かつ「うまくいったとしても長続きしない!」という役回りです。

私も最近になるまで気がつかなかったのですが、知らず知らずのうちに「あ! 自分で失敗して、自己肯定感を下げるようなことをしていた!」ということなんです。

「え? なんのためにわざわざ自己肯定感を下げるようなことをしちゃうの?」という疑問に対してのストレートな答えを言ってしまうと、「愛されるため」にほかなりません。

私の中には「自己肯定感が低いほうが愛される」という幻想がありました。

でも、実際は、自己肯定感が低ければ低いほど、人からは軽視されてしまうので、「愛される」よりも「蔑まれる」ほうが多くなるのです。

自己肯定感が低かった私は「人と対等」だったことがありませんでした。

自己肯定感が高く健康な人は、自己肯定感が低い私を哀れみの目で見て「付き合ったって、なんにもメリットがない!」と、静かに私から去っていきます。

そして、自己肯定感が低い人たちは、さらに低い私を蔑み、踏みつけて、そしていいように利用するだけ利用して、捨ててしまうのです。

次のページ
自己肯定感が上がるだけで人生は変わる >


癒しフェア2018 東京(8月)、大阪(3月)出店者大募集!!

著者紹介

大嶋信頼(おおしま・のぶより)

心理カウンセラー/〔株〕インサイト・カウンセリング代表取締役

米国・私立アズベリー大学心理学部心理学科卒業。アルコール依存症専門病院、周愛利田クリニックに勤務する傍ら東京都精神医学総合研究所の研修生として、また嗜癖問題臨床研究所付属原宿相談室非常勤職員として依存症に関する対応を学ぶ。嗜癖問題臨床研究所付属原宿相談室室長、㈱アイエフエフ代表取締役等を経て現職。ブリーフ・セラピーのFAP(Free from Anxiety Program)を開発した。『あなたを困らせる遺伝子をスイッチオフ!』 (SIBAA BOOKS)、『「いつも誰かに振り 回される」が一瞬で変わる方法』(すばる舎)など、著書多数。

関連記事

編集部のおすすめ

「ずるい人」を寄せつけない方法

大嶋信頼(心理カウンセラー)

「アドラー心理学」入門 ストレス社会をサバイブする!

岸見一郎(哲学者)

人づきあいが苦手な人のための心理レッスン

大嶋信頼(心理カウンセラー)


アクセスランキング

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
癒しフェア2018 東京(8月)、大阪(3月)出店者大募集!!

話題のビジネス・スキルをやさしく解説するとともに、第一線で活躍しているビジネスパーソンの
プロのノウハウを紹介するなど、「いますぐ使える仕事術」が満載されています。