ホーム » THE21 » スキルアップ » アウトプットするつもりで、要点を整理しながら読もう

アウトプットするつもりで、要点を整理しながら読もう

2018年10月30日 公開

藤井孝一(アンテレクト代表)

「自分の言葉で」発信してみよう

「本に対する理解が浅い」「有益な情報を活かせない」──。読書量は多くても、得た情報を消費しているだけの人は多いだろう。せっかく本を読むなら、少しでも仕事や生活に役立てたい。では、どんな読み方をすればいいのだろうか。人気書評メルマガを配信し、本から得た知識を経営に活かしている藤井孝一氏にお話をうかがった。

読書と水泳の共通点とは?

 読書と水泳は似ている、と私は考えています。水泳では「呼吸」が重要であるように、読書もまたインプットとアウトプットの循環が欠かせないからです。

 泳げない人の多くは、息を吸うことに専念するあまり、吐くことを忘れています。身体は、息を吐けば酸素を自然と吸いこむようにできているのに。

 読書も同じです。本を読んでも身にならない人は、新しい情報を取り入れるだけで満足し、頭の中で知識が淀よどんでいます。

 逆説的に聞こえるかもしれませんが、アウトプットするからこそインプットもできるのです。本から読み取った内容を発信することで、他者の反応に触れ、自分とは違う考え方を取り入れることができるのです。この好循環が、本への理解を深めていきます。

 一人で本を読み、「わかったつもり」になるのは、浅い理解で終わる残念な読書なのです。

次のページ
「他者の目線」で多面的な読み方を >


癒しフェア2018 東京(8月)、大阪(3月)出店者大募集!!

著者紹介

藤井孝一(ふじいこういち)

アンテレクト代表取締役/経営コンサルタント

1966年生まれ。慶應義塾大学文学部卒業。中小企業診断士。独立・起業を目指すビジ
ネスパーソンに対し、実践的なサポートを行なう。「在職中から起業する」スタイルを「週
末起業」と名づけ、2003年に「週末起業フォーラム」を創設。1万人を超える人が学び、
独立・開業を果たす。独立・開業を、教育コンテンツ、パートナーシップ、インフラの面
からも支援するために、㈱アンテレクトを設立、経営。著書に、代表作『週末起業』(筑摩
書房)、近著『30歳からの「時間」の投資術』(三笠書房)ほか多数。

関連記事

編集部のおすすめ

なりたい脳にデザインできる! 「脳トレ読書」

加藤俊徳(医学博士)

【欅坂46 長濱ねる】遠藤周作『沈黙』の思い出

長濱ねる(欅坂46)

東大生が無意識のうちに実践する読書術とは?

西岡壱誠(現役東大生)


アクセスランキング

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
癒しフェア2018 東京(8月)、大阪(3月)出店者大募集!!
×

話題のビジネス・スキルをやさしく解説するとともに、第一線で活躍しているビジネスパーソンの
プロのノウハウを紹介するなど、「いますぐ使える仕事術」が満載されています。