ホーム » THE21 » トピックス » マネーリテラシーの低い日本人が最初に学ぶべき「あること」とは?

マネーリテラシーの低い日本人が最初に学ぶべき「あること」とは?

2018年12月05日 公開

鈴木隆史(日本私産運用協会代表理事)

いきなり「資産運用セミナー」に出るのは危険?

では、実際に必要な「お金の知識」とは何か。多くの人は「お金を増やすための知識」だと考えると思います。ただ、実はこの考え方は極めて危険です。

多くの「資産運用」についての勉強会や資産セミナーでは、どうやったらお金を増やせるかというところに重点を置いているように感じます。ただ、お金についての基礎知識がない状況で「どうやって増やすか」ばかり追求するということは、自宅を建てるにあたって地盤調査も何もせず、さらには土台のくい打ちすらせずに家を建て始めるようなものといっても過言ではありません。これでは、30年、40年も住むような家を建てることは不可能です。

そして、それはお金の運用も同じこと。子供や孫の世代にまで渡って揺るがないお金に対する安定を求めるなら、まず「お金についての知識を得る」ことからスタートしなくてはならないのです。具体的には、「私産を知る」→「私産を作る」→「私産を増やす」→「私産を活かす」、 この“4つのステップ”を順番に高めていくことがとても重要です。

 

江戸時代から続く「お金についてのバイアス」とは?

お金についての知識と言ってもいろいろありますが、我々が重視しているのが「お金の歴史を知ること」です。

お金の歴史を知ることがなぜ重要なのか。一例を上げましょう。

日本人の多くが抱いている感情に「お金は卑しいものである」というものがあります。あまり声高にお金のことを語るのは品が良くない。ただ、その常識があるために、金融リテラシー教育が遅れてしまっているという側面があることは否めません。

ではなぜ「お金は卑しいものである」と我々は考えがちなのかというと、それは江戸時代まで遡ります。

江戸幕府が布いた「士・農・工・商」制は、職業を4種類に大別するものでした。身分として一番上に置いたのは武士、その下には農民そして職人というモノづくりの職業を置き、お金を扱う商人は一番下の階級でした。

当時の武士たちはお給料(俸禄)をお米でもらっていました。「貴穀賤金(きこくせんきん)」という言葉があったように、江戸時代の経済思想の一つとして金(当時の銭)よりも米穀を重んじるべきとする思想があったそうです。その結果、お金に関することを口にすることは卑しいという風潮が生まれたようです。

ただし、江戸時代も末期になると米よりも貨幣の価値が高まり、身分的には下であるはずの商人に頭を下げて借金をする武士も多かったと言います。幕府崩壊後はいうまでもなく、貨幣経済の時代になり、今に至ります。

にもかかわらず、我々の潜在意識にはいまだに江戸時代の意識が刷り込まれているわけです。これを知るだけでも「お金は卑しいものである」という常識が、いかに一面的かがわかると思います。

「お金にはどんな歴史があるのか」「お金が果たす役割とは何か」……それを知ることが、日本人の金融リテラシーを高めるスタートとなるのです。



著者紹介

鈴木隆史(すずき・たかし)

日本私産運用協会代表理事

明治大学商学部卒業。食品(飲料メーカー)の営業と開発、青果物商社の営業マネージャーを経て、現在はファイナンシャルコンサルティング企業で活躍する。
20代後半にビジネスにチャレンジするも失敗。クレジットカード7枚のリボルビング払いまで手を出し、一時は借金返済のためにトリプルワークを経験。自身がお金に関して何も知らなかったので、これから私産について勉強していく方々に分かりやすく伝えたいという想いが強い。子供向けファイナンシャル教育の底上げのためにも、まずは大人から基礎を学ぶ必要があると考えている。
日本私産運用協会の理念に共感し、2013年に協会認定講師資格である私産運用プランナーに合格。以降、協会の講師とし公演活動を行う。ファイナンシャルプランナーの有資格者でもある。協会の理念を深く理解し、分かりやすく正確に伝えるその姿勢は、協会を代表する私産運用プランナーとして称賛を得ている。
2015年より日本私産運用協会の代表理事に就任。また同年にファイナンシャルカンパニー日本法人の代表に就任。日本私産運用協会(http://j-pama.org/)

関連記事

編集部のおすすめ

新しい「お金の価値観」の中でどう稼ぐか?

冨田和成(ZUU代表取締役)

「お金の悩み」をすべて自動で解決するサービスを

辻 庸介(マネーフォワード社長CEO)

定年後、「なんとかならない」時代が到来する!

井戸美枝(経済エッセイスト)

『龍使いになれる本』10万部超の著者大杉日香理と歴史NO.1雑誌『歴史街道』 編集長と行く! 香取神宮 日帰りバスツアー

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
『龍使いになれる本』10万部超の著者大杉日香理と歴史NO.1雑誌『歴史街道』 編集長と行く! 香取神宮 日帰りバスツアー

話題のビジネス・スキルをやさしく解説するとともに、第一線で活躍しているビジネスパーソンの
プロのノウハウを紹介するなど、「いますぐ使える仕事術」が満載されています。