ホーム » THE21 » インタビュー » エレベーターホールの表示灯一筋の専門メーカー。その強さの秘密とは?

エレベーターホールの表示灯一筋の専門メーカー。その強さの秘密とは?

2019年03月14日 公開

島田正孝(島田電機製作所社長)

高品質・短期納品のオーダーメイドを武器に、ニッチ市場で成長

 

 エレベーターのカゴを呼ぶための押ボタンや、到着や運転方向を示すホールランタン、現在の位置を示すインジケーターなど、エレベーターホールには様々な表示器が設置されている。普段は大して気にも留めていない人がほとんどだろうが、これらを専門に製造・販売している老舗メーカーがある。1933年創業の〔株〕島田電機製作所だ。創業者の孫で現社長の島田正孝氏に、専業メーカーとして成長してきた歴史と、これからの展望を聞いた。

 

ビルの高層化とともに、エレベーターホールに意匠が求められるように

 島田電機製作所が創業した1933年は、日本でエレベーターが普及し始めた時期。東京都港区白金で、小さな町工場としてスタートした。当時、どのような製品を作っていたのかは、はっきりとはわからないそうだが、「やはりエレベーターの部品を作っていたと聞いている」と島田氏。

「ただ、当時はエレベーターに求められるのは機能性だけで、意匠性は求められていませんでした」(島田氏)

 島田電機製作所は、その後、オーダーメイドの意匠器具メーカーとして成長してきた。高層ビルなどでは、エレベーターホールも建築デザインの一部。そのため、1980年代頃から、ホールランタンや押ボタンなどにも、ビルごとのデザインに合った意匠のオーダーメイド品が求められるようになったのだ。同社の製品は、誰もが知る数々の高層ビルにも使用されている。

「東京都庁舎が完成した1991年頃は高層ビルがどんどん建設された時期で、とても忙しかったですね。私が当社に入社した93年がエレベーターの新設台数がピークだった年で、年間約4万台でした。意匠も、新しいもの、派手なものが求められていました」(島田氏)

 それにしても、大手電機メーカーなど、他の企業でもエレベーター用の意匠器具を作れるのではないかと素人には思えてしまうが、島田電機製作所の強みはどこにあるのだろうか。

「傷一つ許されない厳しい品質基準をクリアしていることに加えて、受注から納品までを1カ月半~2カ月という短期間でできる技術を持っていることだと思います。また、日立、東芝、オーチス、三菱など、エレベーターの本体を作るメーカーはそれぞれ設計思想が違うのですが、それらのすべてに対応できることも強みです」(島田氏)

 同社は、設計・開発から、板金、アクリルの加工、組み立て、検査までを自社内で一貫して行なっており、短期間での納品を可能にしている。オーダーメイドだけに、手作業で行われる工程が多い。大量生産なら金型を使って成形できるアクリルも、同社の工場では一つずつ工作機械で削り出し、紙やすりや布で磨き上げている。受注してから原材料を発注していては間に合わないため、アクリルなどは多種多様なものを在庫として用意している。

 


板金(左)とアクリルを布で磨き上げる工程(右)の様子

 

次のページ
提案営業、中国進出、さらに自社ブランドも立ち上げ >



著者紹介

島田正孝(しまだ・まさたか)

〔株〕島田電機製作所代表取締役社長

1969年生まれ。東京都出身。専門学校卒業後、90年に〔株〕内原電機製作所に入社。3年間、出向先の日立工場などで経験を積んだのち、93年に24歳で〔株〕島田電機製作所に入社する。工場長や専務を経て、2008年に、中国の上海に設立した現地法人・島田電機(上海)有限公司の代表取締役に就任。13年に5代目の代表取締役社長に就任、現在に至る。

関連記事

編集部のおすすめ

V字回復社長が語る「MBAより大事なこと」

星﨑尚彦(ビジョナリーホールディングス社長)

自然と片づく仕組みを作る、タニタのオフィス整理術

谷田千里(〔株〕タニタ社長)

ヤフー出身・ジャパンネット銀行社長の「現場が自走する」組織改革

田鎖智人(ジャパンネット銀行社長)

日本最大級の癒しイベント出展社募集中

アクセスランキング

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
日本最大級の癒しイベント出展社募集中

話題のビジネス・スキルをやさしく解説するとともに、第一線で活躍しているビジネスパーソンの
プロのノウハウを紹介するなど、「いますぐ使える仕事術」が満載されています。