ホーム » THE21 » トピックス » 脳の成長サイクルを促す鍵は、「趣味」を楽しむこと

脳の成長サイクルを促す鍵は、「趣味」を楽しむこと

2019年03月27日 公開

瀧靖之(東北大学教授)

「好奇心」こそ、脳トレの一番の秘訣

 

年齢とともに、「頭が働かなくなってきた」「記憶力も頭の回転も若い頃より鈍ってきた」と感じる人は多い。脳は、老いには勝てない臓器なのだろうか。それを断固否定するのは、加齢と脳との関係を研究する東北大学教授・瀧靖之氏。脳は「ある条件付きで」年齢を重ねても成長し続けるという。では、その条件とは……?

 

「何もしなければ」脳の働きは鈍くなる

 年齢とともに、頭の働きは鈍くなる。世間ではこれが「当たり前」とされています。確かに数々の研究結果からも、人間の「高次認知機能」──判断力・注意力・記憶力などは、何もしなければ20代後半をピークに落ちてくると言われています。

 しかし、それは「何もしなければ」の話。ある条件によりその低下を緩やかに、ときには上昇に転じさせることも可能です。

 では、何をすればいいのか。ごく単純に言えば、「脳トレ」です。トレーニングを加えれば、学習能力は何歳からでも再び上がり始めます。

 働きかけることで脳は一生成長し続ける──これを「脳の可塑性」と言います。

 ところで、脳が成長するとき、脳内ではどんな変化が起きているのでしょう。MRI画像を年代別に見ると、脳は年齢とともに萎縮し、同時に神経細胞やそれをサポートするグリア細胞も減少すると言われています。

 しかし、トレーニングをすると「脳のネットワーク」が充実する可能性があるのです。細胞同士をつなぐ道が整備され、スムーズに情報が行き来するようになり、脳の働きが良くなると考えられます。

 物事の吸収力は大人よりも幼児期や青年期のほうが上ですから、若い頃より時間を多く取ることが必要です。努力の時間を伸ばしさえすれば、そのハンデを克服できるのです。

 私も大人になってから英語を習得しましたし、30代後半からピアノを始めて、今ではドビュッシーの『月の光』にトライしています。

「そんなに努力しなければならないのか」と思われたでしょうか? ガッカリするのはまだ早い。実はこの先に、本当の秘訣があるのです。

次のページ
大人が子供より勉強を楽しめる理由 >



著者紹介

瀧靖之(たき・やすゆき)

東北大学教授

1970年生まれ。東北大学大学院医学系研究科博士課程卒業。東北大学加齢医学研究所機能画像医学研究分野教授。脳のMRI画像データベースを作成し、脳の発達や加齢のメカニズムを研究。これまでに解析した画像は16万人以上。新聞・テレビ出演、一般向け著書も多数。近著『「脳を本気」にさせる究極の勉強法』(文響社)。

関連記事

編集部のおすすめ

なりたい脳にデザインできる! 「脳トレ読書」

加藤俊徳(医学博士)

脳のタイプ別「フロー状態」に入る方法

小沼勢矢(プロ・アライブ社長)

脳は一瞬で「好き」「嫌い」を判断する!

長谷川嘉哉(医学博士)

日本最大級の癒しイベント出展社募集中

アクセスランキング

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
日本最大級の癒しイベント出展社募集中

話題のビジネス・スキルをやさしく解説するとともに、第一線で活躍しているビジネスパーソンの
プロのノウハウを紹介するなど、「いますぐ使える仕事術」が満載されています。