ホーム » THE21 » トピックス » 揉んでも治らない肩こり・腰痛でも「正しく歩く」だけで改善する!

揉んでも治らない肩こり・腰痛でも「正しく歩く」だけで改善する!

2019年03月21日 公開

山﨑美歩呼(日本姿勢改善ウォーキング協会代表理事)

猫背による血液やリンパの流れの停滞が原因

 

 肩こりや腰痛に悩まされているビジネスパーソンは多い。色々と試してみても治らないと悩んでいる人も少なくないだろうが、ウォーキングの専門家である山﨑美歩呼氏は、「正しく歩くだけで改善できる」と話す。「正しく歩く」とは、いったい、どんな歩き方なのか?

 

姿勢の悪さが心身の不調をもたらす

 皆さんはご自分の後ろ姿を見たことがありますか? かなりの人が、とても残念なことになっています。世の中には、なんと猫背の多いこと……。

 猫背は、背中全体の筋肉を固めてしまい、肩こりや腰痛の原因になります。

 猫背の人の特徴は、肩や腕が通常の位置より前に出てきていることと、頭が骨盤の延長線上よりも前に出てきてしまっていることです。

 腕が前に出てきていると、肋骨が腕で押さえられ、肋骨の中の肺も動きが小さくなり、呼吸が浅くなります。浅い呼吸で過ごしていると、代謝が落ち、太りやすくなります。脳への酸素の供給も少なくなるので、集中力や記憶力の低下にも繋がります。

 そして、丸めた背中は動きが鈍くなり、どんどん硬くなって、頑固な肩こりを引き起こすだけでなく、骨盤が歪み、腰への負担も増えるので、腰痛の原因にもなります。

 背骨(脊柱)の中心には「脊柱管(セキチュウカン)」という穴が通っていて、この穴の中を脳から繋がる神経の束「脊髄」が通っています。その神経は枝分かれして、目や肺、心臓、胃、腸など、全身の神経へと繋がっています。姿勢が悪いと背骨が歪み、歪んだ部位の脊柱管が狭くなり、脊髄が圧迫されます。結果として、脳と体との情報のやり取りが妨げられ、体全体の不調につながります。

 つまり、猫背にしているだけで、残念のオンパレードと言える状態なのです。

 

次のページ
猫背は内臓にも負担をかける >



著者紹介

山﨑美歩呼(やまさき・みほこ)

〔一社〕日本姿勢改善ウォーキング協会代表理事

1965年、山口県生まれ。比治山女子短期大学卒業後、結婚・出産を経て、2011年からウォーキングの研究開始。15年、〔一社〕日本姿勢改善ウォーキング協会立ち上げ。
http://walking-fukuoka.com

THE21 購入

12月号

The21 12月号

発売日:2019年11月09日
価格(税込):700円

関連記事

編集部のおすすめ

肩こり、腰痛、メンタル不調……心身のトラブルは「猫背」から

澤田大筰(巣鴨総合治療院・整骨院グループ総院長)

40歳を超えたら、運動は「8,000歩/20分」のウォーキングで十分

青栁幸利(医学博士)

30分に1度、20メートル歩くだけでオフィス疲れは軽減できる!

梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)
DRAGON JAPAN 龍の日

アクセスランキング

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
DRAGON JAPAN 龍の日
×

話題のビジネス・スキルをやさしく解説するとともに、第一線で活躍しているビジネスパーソンの
プロのノウハウを紹介するなど、「いますぐ使える仕事術」が満載されています。