PHPオンライン衆知 » THE21 » スキルアップ » できるリーダーは「仕組みを作って満足しない」

できるリーダーは「仕組みを作って満足しない」

2019年09月13日 公開

吉田幸弘(リフレッシュコミュニケーションズ代表)

 

できるリーダーが注視している3つのポイント

一方、できるリーダーは、仕組みを構築した後の運用までしっかり確認しています。具体的には次の3つの点を注視しています。

1. 運用後に、部下からフィードバックをもらう

実際に仕組みを運用していて、不具合や問題点はないかどうかを、リーダーの側からメンバーに確認します。

2. 不具合や問題点は、対応が必要かどうかをすぐに判断し、放置しない

部下から不具合や問題点の提案があれば、次は対応する必要があるかどうかを判断し、適宜変更する姿勢を見せましょう。ルールは絶対不変ではなく、状況に応じて変わっていくものと考えることが大切です。

たとえば、先ほどの例の見積書のフォームなどは、当初の目的を果たしていないので、すぐに改訂する必要があります。

また、業務ルールの場合は、まずはベテラン営業マンやその関係者にヒアリングし、必要があればルール改訂を提案する必要があるでしょう。

この時、ベテラン営業マンがなぜそのようにしているかをしっかり聴く必要があります。そうしないと、ルール改訂の方向性が間違ってしまったり、当人の納得感が低くなってしまったりするからです。

3. そもそもの運用の徹底をメンバーに促す

先ほどの例のミス報告書の隠ぺいなどは、将来大きな問題に発展するリスクが高い問題です。これに関しては、ルールを変更するというより、口うるさく指導して、仕組みをしっかり守らせる必要があります。

そのうえで、どうしたら部下の側も運用しやすいかなどを議論していけばいいでしょう。できるリーダーは、このような小事・凡事をも徹底しているものなのです。

 

著者紹介

吉田幸弘(よしだ・ゆきひろ)

リフレッシュコミュニケーションズ代表

1970年、東京都生まれ。大手旅行代理店を経て、学校法人、外資系専門商社、広告代理店で管理職を経験。「怒ってばかりのコミュニケーション」で降格を経験したことからコミュニケーションを学び、2011年に独立。現在はコーチングの手法を駆使し、経営者や中間管理職向けにコンサルティング活動を行なう。

THE21 購入

2022年2月号

The21 2022年2月号

発売日:2022年01月08日
価格(税込):700円

関連記事

編集部のおすすめ

できるリーダーは「メールにすぐに返信しない」

吉田幸弘(リフレッシュコミュニケーションズ代表)

深夜・休日にメールする上司が残念な理由

伊庭正康(らしさラボ代表)

【今週の「気になる本」】『優れたリーダーはみな小心者である。』

荒川詔四著/ダイヤモンド社

2月開催!!ハッピーウーマンオンラインセミナーシリーズ-Dr.クリスティンペイジ

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
2月開催!!ハッピーウーマンオンラインセミナーシリーズ-Dr.クリスティンペイジ

話題のビジネス・スキルをやさしく解説するとともに、第一線で活躍しているビジネスパーソンの
プロのノウハウを紹介するなど、「いますぐ使える仕事術」が満載されています。

×