ホーム » THE21 » インタビュー » 売上げを10倍に伸ばす「儲かる」整理整頓術

売上げを10倍に伸ばす「儲かる」整理整頓術

2019年10月09日 公開

小山昇(株式会社武蔵野社長)

「捨てる基準」を明確にして仕事のムダを0に

18期連続で増収を続け、売上高を7億円から75億円まで成長させた㈱武蔵野。その成長の秘密は、「儲かる整理整頓術」にあった。武蔵野の社長であり、20年以上前から、中小企業の経営者、幹部を中心に自社の現場を視察してもらう「現地見学会」を開催している小山昇氏に、約5万人が視察し、参考にしているという自社の職場の整理整頓術をうかがった。

 

行動を変えるにはまず形から変える

儲からない会社、成績が上がらない社員に共通するのは、捨てる決断ができないことです。

世の中で良いと言われたことにあれもこれも手を出したものの、結果につながらない。これは、明確な「捨てる基準」を持たないことが最大の原因です。

私の場合、捨てる基準はシンプルに「結果が出ないこと」。儲けにつながらない業務や事業は容赦なしに捨てていきます。

なぜなら「儲け」とは最高の市場の評価だからです。自分たちが良質のサービスや優れた商品だと自信を持っていても、市場がそう判断しなければまったく意味がありません。

新しいこと、良いことに飛びつくのではなく、結果を生むことにだけ集中する。その行動指針を貫くことが、儲かる会社を作ります。

では、その行動指針を従業員一人ひとりにどう浸透させていけばよいでしょうか。

例えば、社長が朝礼で「結果を出せ」と喝を入れる。残念ながら、効果は今ひとつです。なぜなら、人の心を変えることはできないからです。たとえ一時的に奮起したとしても、そのうち忘れてしまいます。

思考を変えて行動を変えていくには、まず形から変えることが必要です。その具体的な方法「整理整頓」なのです。

 

次のページ
収納せずに定位置管理ですぐ使えるように >



著者紹介

小山 昇(こやま・のぼる)

〔株〕武蔵野社長

1948年、山梨県生まれ。東京経済大学卒業後、77年に㈱ベリーを設立、代表取締役となる。89年、㈱武蔵野の代表取締役に就任。同社は2000年と10年の2度にわたって「日本経営品質賞」を受賞する。全国の経営者で作る「経営研究会」を主催、年間240回以上のセミナーを行なう。講演、ラジオでも活躍。著書に『人材戦略がすべてを解決する』(KADOKAWA )など多数。

THE21 購入

2020年1月号

The21 2020年1月号

発売日:2019年12月10日
価格(税込):700円

関連記事

編集部のおすすめ

伸びる会社は人材育成に時間とお金をケチらない

小山 昇(株式会社武蔵野社長)

業績拡大を続ける名物社長の働き方改革実践メソッド

小山 昇(株式会社武蔵野社長)

増収増益を続ける名物社長・小山 昇の「スピード経営」実践メソッド

マネジメント誌「衆知」
DRAGON JAPAN 龍の日

アクセスランキング

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
DRAGON JAPAN 龍の日

話題のビジネス・スキルをやさしく解説するとともに、第一線で活躍しているビジネスパーソンの
プロのノウハウを紹介するなど、「いますぐ使える仕事術」が満載されています。