ホーム » THE21 » トピックス » OB訪問で社員が「ここ」で言葉を濁す会社は、沈む

OB訪問で社員が「ここ」で言葉を濁す会社は、沈む

2019年12月17日 公開

小宮一慶(経営コンサルタント)

 

「ぜひうちの社においでよ」「良い会社だよ」と心から言えるか

 3つ目の質問は、ぐっと個人的なことです。

 

3、会社に来るのが楽しいかどうか

 会社訪問に来た学生に、自分の会社のネガティブな面を語る人はいないでしょう。

「給料は悪くないよ」とか「休日出勤も基本的にないし」とか「ブラック要素もないし」とか、いわゆる条件的に悪くないということは誰でも言えるのです。もっと言えば、そういうことは人事・採用セクションの人に聞けば具体的に教えてくれます。

 あえて先輩に聞くべきは、「楽しく働けているかどうか」なのです。

 何をもって会社を「楽しい」と言うかは、人によってそれぞれです。しかし、本当に「良い会社だよ」「ぜひ、うちを受けて仲間になろうよ」と言える会社かどうかというのは、楽しいかどうか、です。

「使命感ややりがいをもって働けている」ことかもしれません。

「自分が向上していけるという感覚がある」ことかもしれません。

「他ではやっていない面白いことをやれる」ことかもしれません。

 どんな楽しさがあるのかを教えてもらうことで、その会社の本当の魅力が分かるのではないかと思います。

 また、そういった話をいろいろな会社で聞いてみることで、自分がどういうエピソードにワクワクするかによって、どういう会社に入りたいと思っているのか、自分自身の望んでいることに気づくこともできるでしょう。

「楽しく働けている」という話が聞けないということは、「この会社を志望するのはやめたほうがいいよ」と言っているのと同然だと受けとめることができます。このような会社では、働きがいも低く、チームワークも悪く、社員の表情も暗いものです。



著者紹介

小宮一慶(こみや・かずよし)

経営コンサルタント、小宮コンサルタンツ代表

1957年、大阪府生まれ。1981年、京都大学法学部を卒業後、東京銀行に入行。1986年、米国ダートマス大学経営大学院でMBAを取得。帰国後、経営戦略情報システム、M&A業務や国際コンサルティングを手がける。1993年には、カンボジアPKOに国際選挙監視員として参加。1996年、〔株〕小宮コンサルタンツを設立。『小宮一慶の1分で読む!「 日経新聞」最大活用術』(日本経済新聞出版社)など、著書多数。

THE21 購入

2020年4月号

The21 2020年4月号

発売日:2020年03月10日
価格(税込):700円

関連記事

編集部のおすすめ

「ミレニアル世代」が重視する会社選びのポイントとは?

渡部陽(ユーキャンパス社長)

「日本一学生が集まる中小企業」が教える採用のコツ

近藤悦康(Legaseed 代表取締役)

「シゴトでココロオドル人」を、技術の力で世界中に増やす

仲 暁子(ウォンテッドリーCEO)
リッツカールトン東京 Happy Fes 女性のHappyを応援する日

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
リッツカールトン東京 Happy Fes 女性のHappyを応援する日

話題のビジネス・スキルをやさしく解説するとともに、第一線で活躍しているビジネスパーソンの
プロのノウハウを紹介するなど、「いますぐ使える仕事術」が満載されています。