ホーム » THE21 » トピックス » お金持ちはやっている!?「相続税」節税対策

お金持ちはやっている!?「相続税」節税対策

2020年01月21日 公開

角田壮平

控除の考え方を知っておこう

相続税は「自分には関係ない」と思い込んでいる人も多いかもしれない。しかし、土地の評価額などによっては思いがけず相続税がかかることもあり得ると、税理士の角田壮平氏。相続税の基礎知識と、節税対策について詳しくうかがった。

相続税がかかるのは全国でたった8%

相続税とは、故人の遺産を受け継いだ相続人に課せられる税金(国税)のことですが、すべての相続について必ず課税されるわけではありません。死亡者数に対する相続税の課税件数の割合は、8.3%(2017年)。つまり、被相続人100人に対して8人ということになります。

なぜ、相続税がかからないケースが大半なのかというと、相続税はある程度大きな金額の財産を所有する人にのみ課されるます。その理由は、基礎控除があるからです。相続税の基礎控除は、以下の計算式で算出します。

3,000万円+法定相続人の人数×600万円

つまり、法定相続人が一人の場合は3,600万円まで、五人の場合は6,000万円までは非課税ということになります。

また、配偶者の場合は、「配偶者控除」という税額軽減が適用され、1億6,000万円または配偶者の法定相続分相当額のどちらか高い方が控除されるという優遇措置もあります。

こう聞くと、「相続税は自分には関係ない」と思う方が多いと思いますが、都内の一等地に不動産を所有している場合など、「すべて計算してみたら控除額を超えてしまった」というケースも見受けられますので、きちんと財産の現状把握をしておくことは誰にとっても必要なことです。

相続税の納付が必要な場合、相続開始日(亡くなった日)の翌日から10カ月以内に税務署に対して申告書を提出します。なお、相続税の納税期限も申告書提出期限と同様、亡くなってから10カ月となりますので、納税資金の準備も忘れないようにしましょう。仮に、納税資金を準備できない場合には、分割払い(延納)や不動産等現金以外の財産で納付(物納)という方法も一定の要件を満たせば選択が可能です。

次のページ
効果抜群!相続税節税対策3 >



著者紹介

角田壮平(つのだ・そうへい)

税理士

東京都出身。アクタス税理士法人、EY税理士法人、税理士法人チェスター専務役員を経て、相続に専門特化する税理士法人トゥモローズを設立、代表を務める。相続税申告件数、数百件の実績がある。
http://tomorrowstax.com/

   

THE21 購入

2020年3月号

The21 2020年3月号

発売日:2020年02月10日
価格(税込):700円

関連記事

編集部のおすすめ

複利&節税効果で老後資金を稼ぐ「投資信託」入門

湯之前敦(コムテックス金融商品部部長)

Q&Aでわかる!初めての不動産投資

小林昌裕(副業アカデミー代表)

最強ファンドマネジャーが考える「人生に本当に必要なお金」

藤野英人(レオス・キャピタルワークス代表取締役社長・最高投資責任者)
リッツカールトン東京 Happy Fes 女性のHappyを応援する日

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
リッツカールトン東京 Happy Fes 女性のHappyを応援する日

話題のビジネス・スキルをやさしく解説するとともに、第一線で活躍しているビジネスパーソンの
プロのノウハウを紹介するなど、「いますぐ使える仕事術」が満載されています。