ホーム » THE21 » トピックス » 山本太郎「長いものに巻かれない強さ」の秘密

山本太郎「長いものに巻かれない強さ」の秘密



2020年02月07日 公開

山本太郎(れいわ新選組代表)

アンチを拒絶せず「分断」を乗り越える

自分の信念を貫こうとすれば、支持者ができる半面、アンチも生まれる。憲政史上初、2名の重度障がい者の国会議員を誕生させた「れいわ新選組」の党首・山本太郎氏はその好例だ。この快挙に対し、「あざとい」「障がい者を利用している」との批判や、「山本太郎なんて大っ嫌い!」という心ない罵声を浴びることもある。ところが、山本氏は、「私、そういうの大好物です! 」と述べる。その発言の真意は何か。

取材構成:前田はるみ

写真撮影:永井 浩

 

「なんかムカつく」という漠然とした敵意

 先の参議院選挙で、れいわ新選組の山本太郎代表が街頭演説に立つと、ヤジや罵声が飛ぶことも少なくなかった。ただ、山本氏が他の政治家と違うのは、心ない言葉を浴びせる人とも、コミュニケーションを試みることだ。なぜ、自分を攻撃してくる相手と対話するのか。

「私の街頭演説に立ち止まって文句を言ってくる人は、マイクを渡せば話し合える可能性が高いんです。傍から見ればイチャモンをつけているとしか見えなくても、私に言いたいことがあるから、その場にいるわけです。『山本太郎なんて大嫌い!』と言われることもあります。

 しかし、そうした批判は貴重です。私のどこが嫌いなのか、山本太郎の至らなさをしっかりと提示してくれる可能性があります」

 山本氏を批判する人たちの中には、考え方や活動に対して反対意見があるというより、「よくわからないけど、なんかムカつく」という漠然とした理由で反対している人も多いという。

「私の何が気に食わないのか、具体的に説明できる人はそれほど多くありません。恐らく、私に関するいろんな情報をつなぎ合わせて、その人の中で私のイメージを勝手に作り上げているのだと思います。

 最初にそれを感じたのは、政治家になる前。2011年に脱原発のための署名活動をしていたときのことです。敵意を持って話しかけてきた人がいたので、聞いてみると、『お前、こんなことがあっただろう』と。その内容は、ネットの噂や週刊誌報道をつなぎ合わせたフンワリしたものでした」

〝アンチ〟の正体は、〝単なる先入観〟の可能性が高い証拠だ。

次のページ
「理論武装」はしても、決して論破はしない >



著者紹介

山本太郎(やまもと・たろう)

れいわ新選組代表

1974年、兵庫県生まれ。90年、高校1年で芸能界入りし、テレビドラマ『新選組!』などに出演。2011年4月から反原発活動を開始。13年7月、参議院選挙に東京選挙区から出馬し、初当選。14年、生活の党に合流し、「生活の党と山本太郎となかまたち」に改称、小沢一郎氏と共同代表に。19年4月、れいわ新選組を旗揚げし、7月の参院選に比例区より出馬。同党は政党要件を満たす票を獲得するものの、本人は落選した。

THE21 購入

2020年10月

The21 2020年10月

発売日:2020年09月10日
価格(税込):700円

関連記事

編集部のおすすめ

「アドラー心理学」入門 ストレス社会をサバイブする!

岸見一郎(哲学者)

「ずるい人」を寄せつけない方法

大嶋信頼(心理カウンセラー)

「タイプ」を知れば、他人に振り回されるストレスから解放される!

伊庭正康(らしさラボ代表)
日本最大級の癒しイベント出展社募集中

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
日本最大級の癒しイベント出展社募集中

話題のビジネス・スキルをやさしく解説するとともに、第一線で活躍しているビジネスパーソンの
プロのノウハウを紹介するなど、「いますぐ使える仕事術」が満載されています。

×