ホーム » THE21 » スキルアップ » 生産性の高いチームに「強いリーダーシップ」がいらない理由

生産性の高いチームに「強いリーダーシップ」がいらない理由

2020年02月19日 公開

八木昌実 ㈱エイトウッズ代表取締役社長

全国最下位のチームを10カ月で急成長させた方法

 

生命保険会社のマネージャーとして様々なチームを急成長に導いてきた八木昌実氏。その手法はさぞや厳しいものかと思いきや、部下との対話を第一に重視する、いわば「急がば回れ」とも言うべきものだった。マネージャーとして、チームで素早く成果を上げる方法を詳しくうかがった。

                                                                    取材・構成 辻 由美子

 

強いリーダーシップは求められていない!

私はプルデンシャル生命に入社して2年目に全国トップの営業成績を修めたこともあり、個人としてのパフォーマンスには絶対的な自信がありました。

 マネージャー(営業所長)になったときも、強いリーダーシップを発揮して、ぐいぐい引っ張っていけば、チームは伸びると信じていました。ところが現実は思うようにいきません。

 試行錯誤の末にたどり着いたのは、強い人ではなく、部下から信頼される人が本当に良いマネージャーだということ。

それを痛感したのは、海外も含めて、数多くの支社でマネージャーを務めてきた経験でした。 

全国最下位の仙台支社の再建を言い渡されたときには、チームのメンバーはそのままで、わずか10カ月のうちに全国2位のチームに引き上げることに成功したこともありました。

私が何をしたのかというと、成績がそこそこの中間クラスのメンバーのケアを徹底したのです。そして彼らから信頼を得ることで、仙台支社の売上げを飛躍的に伸ばすことができたのです。私が注目した中間層とはどんな人たちか。それは組織の6割を占める人たちのことです。

 

次のページ
中間層のケアこそ マネージャー最大の役割だ >



THE21 購入

2020年4月号

The21 2020年4月号

発売日:2020年03月10日
価格(税込):700円

関連記事

編集部のおすすめ

できるリーダーは「叱ってはいけない」と考えない

〈連載第7回〉吉田幸弘(リフレッシュコミュニケーションズ代表)

できるリーダーは「ミスゼロを目指さない」

〈連載第6回〉吉田幸弘(リフレッシュコミュニケーションズ代表)

できるリーダーは「部下に負けないように理論武装しない」

〈連載第4回〉吉田幸弘(リフレッシュコミュニケーションズ代表)
リッツカールトン東京 Happy Fes 女性のHappyを応援する日

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
リッツカールトン東京 Happy Fes 女性のHappyを応援する日

話題のビジネス・スキルをやさしく解説するとともに、第一線で活躍しているビジネスパーソンの
プロのノウハウを紹介するなど、「いますぐ使える仕事術」が満載されています。