ホーム » THE21 » 仕事の悩み » 「死ぬほどつらいのに、仕事がやめられない」は、なぜ起こるのか?

「死ぬほどつらいのに、仕事がやめられない」は、なぜ起こるのか?



2020年03月02日 公開

汐街コナ(イラストレーター)

人生のハードルをしっかり握り「自分目線」で決める

ツイッターで「なぜ、仕事で精神的に追い込まれても人は逃げられないのか」をテーマにしたマンガが、総リツイート数30万を超え、働く人の大きな共感を得た。

その作者である汐街コナ氏に、自身の壮絶な経験をもとに、無理して仕事を続けることの危険性と、他人に振り回されないための方法をうかがった。

 

判断力があるうちに「休む」「辞める」を考える

それは、本当に突然訪れました。まるで、仕事で嫌なことがあったときに、気分を上げようと帰りのコンビニで、スイーツに手を伸ばすような感覚。

「明日会社に行かなくてもいい」。ただ、その喜びを得るためだけに、終電がホームに入ってくるタイミングで、一歩足を踏み出しかけたのです。

皆さんも、過労死をされてしまった方々のニュースを観て、「なぜ、死ぬくらいだったら、早く会社を辞めなかったんだ」と思ったことはありませんか。しかし、私の実体験からすれば、そう簡単な話ではありません。

判断力があるうちは、まだ、「休む」「辞める」という選択肢が思い浮かびます。しかし、心身の疲労が知らずしらずのうちに溜まると、視野が次第に狭くなり、自覚もないままに、発作的に「死」につながる行動を取ってしまう。そんなことが実際に起こり得るのです。

当時、私は新卒で入社した会社で、デザイナーとして働いていました。ほぼ毎日、終電まで仕事。自分の仕事が早めに終わり、帰ろうとすると、上司から「まだ仕事をしている先輩に、手伝えることを聞くように」と
注意を受けました。

当然、聞くと新しい仕事を頼まれます。自宅が遠かったので、タクシーで帰ると会社の経費が高くなるという理由で、なんとか終電には帰らせてもらっているという状態でした。

睡眠時間は多くても5時間。たいてい3、4時間しか寝ることができず、常時寝不足が続いていました。ある日、クライアントから、原稿を送るから明日の朝までに仕事を完成してほしいと要望が来て、会社で待機をしていました。しかし、原稿が送られてきたのは、なんと午前3時。

しかも「朝9時まで6時間もあるからできるでしょ」と電話口で言われたこともありました。そのような仕事の仕方を続けていたあるとき、心が限界に達し、冒頭のように発作的に「死」を考えてしまったのです。

 

次のページ
休むのをためらわせた「他人への配慮」 >



著者紹介

汐街コナ(しおまち・こな)

イラストレーター

広告制作会社のグラフィックデザイナーを経て、マンガ・イラストの活動を開始。 現在は装丁画・挿絵・ゲームキャラクターイラストなどを手がけている。 デザイナー時代に過労自殺しかけた経験を描いたマンガがツイッターで総リツイート数30万を超え、話題に。書籍化された『「死ぬくらいなら会社辞めれば」ができない理由』(あさ出版)も10万部を突破し、ベストセラーとなった。

THE21 購入

2020年10月

The21 2020年10月

発売日:2020年09月10日
価格(税込):700円

関連記事

編集部のおすすめ

あなたの仕事の8割は、「やらなくてもいいこと」だった

佐々木常夫(元東レ経営研究所社長)

ネット依存に陥って気づいた「自分を不幸にするモノ」

汐街コナ (著), 大石雅之 (監修)

夫の両親にバレた「アルコール依存」 離婚を覚悟した妻を救った”姑の言葉”

汐街コナ,大石雅之
日本最大級の癒しイベント出展社募集中

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
日本最大級の癒しイベント出展社募集中

話題のビジネス・スキルをやさしく解説するとともに、第一線で活躍しているビジネスパーソンの
プロのノウハウを紹介するなど、「いますぐ使える仕事術」が満載されています。

×