ホーム » THE21 » スキルアップ » ビジネスシーンで使える!「フリ」と「オチ」の連続で場をデザインする技術

ビジネスシーンで使える!「フリ」と「オチ」の連続で場をデザインする技術



2020年03月31日 公開

中北朋宏(俺社長)

「ウケる」技術を磨いて正しく笑いを取ろう

 

 ビジネスでは、コミュニケーションを良好にし、相手との信頼関係を築くことが重要だ。そこで、元お笑い芸人であり、現在は「笑いの力」で組織改革を行なうコンサルティング事業を手がける中北朋宏氏に、信頼関係を築くために使える「ウケる」技術を教えてもらった。

 

ロジックを知れば誰でも面白くなれる

 信頼関係の入り口は、相手の心を動かすことにあります。笑いは、そのための方法の一つです。笑いで気持ちをほぐすと、相手が安心して、本音を語り合う関係を作ることができるのです。

 お笑い芸人の場合は、相手に笑ってもらうことが仕事の目的そのものですが、ビジネスパーソンの場合は相手との関係作りが目的。ですから、笑いは絶対に必要なものというわけではなく、スパイスのようなものですが、それだけに、うまく活用できれば、緊密な信頼関係を築く強力な武器になります。

「芸人でもないのに、相手に笑ってもらうなんてできない」と思う人もいるでしょうが、「自分から笑う」という簡単な方法でも、相手に笑ってもらうことはできます。

 相手の言葉にポジティブな印象を持ったら、そのたびに良い笑顔で反応し、時には笑い声も立ててみてください。すると相手は「受け容れてもらえた」と感じ、心がほぐれていって、笑顔を見せるようになるでしょう。

 つまり、良いリアクションを取るということです。リアクションは、お笑い芸人も最初に身につける「ウケる」技術です。

 このように、相手に笑ってもらうことは、誰にでも十分に可能です。プロの芸人のようなレベルを目指すとなると話が別ですが、商談相手や緊張している若手などをクスッと笑わせるようなスキルは、トレーニングによって磨けます。

 ただし、笑いのロジックを理解したうえで、それに基づいてトレーニングをすることが重要です。

 

次のページ
B5サイズの特大名刺が商談のフリとオチになる >



著者紹介

中北朋宏(なかきた・ともひろ)

〔株〕俺代表取締役社長

浅井企画に所属し、お笑い芸人として6年間活動後、人事コンサルティング会社に入社。内定者から管理職まで幅広い人材育成の企画提案に従事し、新商品の販売実績で2年連続MVPを獲得。2018年、〔株〕俺を設立。お笑い芸人からの転職支援「芸人ネクスト」や、笑いの力で組織を変える「コメディケーション」を展開中。著書に『「ウケる」は最強のビジネススキルである。』(日本経済新聞出版社)がある。

THE21 購入

2020年10月

The21 2020年10月

発売日:2020年09月10日
価格(税込):700円

関連記事

編集部のおすすめ

「面白い話」ができるようになる秘訣とは!?

渡辺龍太(放送作家)

タブーな話題でも「話が面白い人」の超絶テク

渡辺龍太(放送作家、即興力養成講師)

話が面白い人、つまらない人は「話題選び」で決まる

渡辺龍太(放送作家、即興力養成講師)
日本最大級の癒しイベント出展社募集中

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
日本最大級の癒しイベント出展社募集中

話題のビジネス・スキルをやさしく解説するとともに、第一線で活躍しているビジネスパーソンの
プロのノウハウを紹介するなど、「いますぐ使える仕事術」が満載されています。

×