PHPオンライン衆知 » THE21 » スキルアップ » データ活用が失敗するのは「支点・力点・作用点」が揃っていないから

データ活用が失敗するのは「支点・力点・作用点」が揃っていないから

2020年06月26日 公開

則武譲二・小峰弘雅(デジタル・イノベーション・ラボ)

 

そもそもデータ化がされていない……

 続いて両氏が紹介してくれたのは、次のようなパターンだ。

 

【パターン2】

 金融機関のB社では、資料のトリプルチェックをしたり、同じ情報を業務ごとに別のシステムに入力したりと、人手が多く必要で、非効率であることが経営課題となっている。そこで、コスト削減を目的に、データ統合プロジェクトが始動した。

 ところが、大量の情報がデータ化されずに、紙の状態で倉庫に保管されていることがわかった。データ化されている情報もあるが、支店によって違うシステムを使っている。同じシステムを使っていても、職業欄に職業以外のメモをしていたりと、支店によって使い方がまちまちで、とても統合できる状態になっていない――。

 

 こんな状態の企業はいくらでもあるそうだ。こうしたケースでは、とにかくRPAやOCRなどを使って、情報のデジタル化を進めること。企業のDX(デジタルトランスフォーメーション)を支援する小峰氏は、データ入力のためにクライアント企業を訪ねることも多いという。

 

 

「支点・力点・作用点」を一貫させ、一つひとつに工夫を

 

 両氏が所属するベイカレント・コンサルティングでは、データを価値に変える確度とインパクトを高めるためには、「テコの支点・力点・作用点」を一貫させ、一つひとつを工夫するべきだと考えている。

「パターン1の場合は、データは大量にあるので『力点』は問題ないのですが、それをどういう打ち手につなげるのかという『作用点』と、そのためにどのようにデータ分析をするのかという『支点』が欠けています。

 一方、パターン2の場合は、コスト削減という目的がはっきりしているので『作用点』はいいのですが、『力点』が欠けているのが問題です」(小峰氏)

「力点」については、データの件数を増やすとともに、種類を増やすことも重要だ。

「支点」については、実現可能なアクションにつながる分析をすることが重要。先述したように、「年収300万円の人がよく買う」という分析ではアクションにつなげられないが、「デート中に購入する人が多い」という分析なら、来店客を見て接客に活かすことができる。

 そして、「作用点」については、データに基づいたものにすることが重要となる。

「長年の経験とカンは、多くの場合は正しいのですが、それだけで仕事をしていると新しい発見がありません。データに基づいたアクションの中には、経験とカンに反するものもあるはずですが、それでも試してみる勇気が必要です。試しているうちに、経験が増え、カンもさらに磨かれるとともに、データの限界も見えてくるでしょう。そうしたら、さらに進化した経験とカンで仕事をすればいいのです」(則武氏)

THE21 購入

2021年12月号

The21 2021年12月号

発売日:2021年11月10日
価格(税込):700円

関連記事

編集部のおすすめ

ソニー銀行「データアナリストを育成し、新商品を生み出す」

【経営トップに聞く】住本雄一郎(ソニー銀行社長)

40代がこれから直面するヤバい「職場の大激変」とは⁉

河合雅司(人口減少対策総合研究所 理事長/作家・ジャーナリスト)

違和感のあるデータにこそチャンスがある!

生方正也(HRデザインスタジオ代表)

2月開催!!ハッピーウーマンオンラインセミナーシリーズ-Dr.クリスティンペイジ

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
2月開催!!ハッピーウーマンオンラインセミナーシリーズ-Dr.クリスティンペイジ

話題のビジネス・スキルをやさしく解説するとともに、第一線で活躍しているビジネスパーソンの
プロのノウハウを紹介するなど、「いますぐ使える仕事術」が満載されています。

×