ホーム » THE21 » トピックス » リモートワーク時代に「オフィス」が持つ価値とは何か?

リモートワーク時代に「オフィス」が持つ価値とは何か?



2020年07月27日 公開

伊藤直子(働き方改革エバンジェリスト)

伊藤直子

〔株〕日立製作所や富士通〔株〕が時間や場所にとらわれない新たな働き方を標準にすると発表するなど、リモートワークの定着が進んでいる。リモートワークでも問題なく仕事ができるとなると、オフィスは価値のないものになるのだろうか? 「働き方改革エバンジェリスト」として活躍する〔株〕日立ソリューションズの伊藤直子氏に、これからのオフィスが持つ価値について聞いた。

リモートワークで問題が生じるのは準備不足だから

 従来、オフィスは仕事をする場であることが当然視されてきました。しかし、今年4月に緊急事態宣言が発令されたことで初めてリモートワークを導入し、オフィスでなくても仕事ができることを実感した方が多かったと思います。

 ただ、まったく問題なかったというわけではありません。色々な調査を見ると、大きく分けて3つのタイプの問題があったようです。

 まず、リモートワークの環境が整っていなかったという問題。自宅から会社のシステムにアクセスできない企業や、セキュリティ対策が不十分なため、会社の情報が入ったパソコンをインターネットに接続することを禁止した企業などがありました。

 2つ目は、労務管理などの制度が整っていなかったという問題です。

 そして3つ目が、ハンコを押さなければならなかったり、業務が紙ベースだったりして、出社しなければならなかったという問題。

 これらはいずれも、企業の中で解決できるものです。今、企業にはDX(デジタルトランスフォーメーション)が求められていますから、それに伴って環境の整備もできるでしょうし、業務のデジタル化もできるでしょう。ハンコを電子化するサービスも次々に登場しています。

 きちんと準備さえすれば、多くの業務はリモートワークでできるでしょう。もはや、単に仕事をするために、必ずしもオフィスに出勤する必要はありません。

次のページ
「オフィスに行く」ことと「対面する」ことは違う >



THE21 購入

2020年9月

The21 2020年9月

発売日:2020年08月07日
価格(税込):700円

関連記事

編集部のおすすめ

ビジネスパーソンが「チャットツールは苦手」では済まされない理由

伊藤直子(働き方改革エバンジェリスト)

「どうせ、うちの会社は変わらない」と嘆く社員を量産させる”⽇本企業の性悪説”

沢渡あまね(業務改善・オフィスコミュニケーション改善士)

「全社員テレワーク」を成功させたCEOが教える”3つのルール”

倉貫義人(ソニックガーデン代表取締役社長CEO)
日本最大級の癒しイベント出展社募集中

アクセスランキング

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
日本最大級の癒しイベント出展社募集中

話題のビジネス・スキルをやさしく解説するとともに、第一線で活躍しているビジネスパーソンの
プロのノウハウを紹介するなど、「いますぐ使える仕事術」が満載されています。