ホーム » THE21 » スキルアップ » 「会社人生が終わっても、人生は続く」住友銀行の副頭取が選んだ“69歳での起業”

「会社人生が終わっても、人生は続く」住友銀行の副頭取が選んだ“69歳での起業”



2020年09月09日 公開

吉田博一(エリーパワー会長兼CEO)

 

畑違いの起業でも、銀行での経験が活きた

――69歳にして、蓄電池という未経験の業種での起業。年齢や畑違いの分野への挑戦は、ハンデにはならなかったのだろうか。

「それは私も気にしなかったわけではありません。起業する前、堀場製作所の堀場雅夫さんが書かれた本を読むと、『ベンチャーを興すなら40代に限る』『それまでのキャリアを活かせ』、この二つがベンチャーの要諦だと書いてありました。

40代は色んな勉強をしてきて社会のことがわかってくる年代で、しかもまだエネルギーが残っているから、起業に適している。そして、起業するなら、せっかく学んだことを活かしなさい、という教えです。

私は堀場さんにお目にかかるために京都に行き、『69歳での起業です。しかも元銀行員がモノ作りをして大丈夫でしょうか』と尋ねました。すると堀場さんは、『電池は電気を溜める。銀行は金を貯める。一緒じゃないか』とおっしゃいましたね(笑)」

――その言葉は、堀場氏流の激励だったのだろう。吉田氏は、自身の起業経験を振り返り、「50代以降の人が活かすべき最も重要なキャリアは、マネジメントの経験」だと話す。

「起業は一人ではできません。色んな人の技術や発想を束ねて、彼らのやる気を高めるには、マネジメントの力が必要です。マネジメントは人の気持ちがわからなければできませんから、経験がモノを言います。40代よりも、50代、60代と歳を重ねるほど有利ではないかと思っています。

堀場さんの言われるキャリアの活かし方とは、そういう意味だと理解しています。私は30代から支店長を務め、ヒト、モノ、カネを使って収益をどう上げていくのか、というマネジメントの勉強をさせてもらいました。

私の場合、資金集めでも銀行での経験が大いに役立ちました。電池の研究開発、工場建設から量産までに必要な資金として、現在までに32社から336億円を出資していただいています」

 

マネジメントの本質「尖った人をより尖らせる」

――中高年世代が強みとするマネジメント力は、日本企業でますます強く求められるようになると吉田氏は話す。

「日本の企業の弱さは、コーディネートする力がないことです。飛行機を例に取ると、日本は優れた部品を作りますが、それらを総合して飛行機を作ることは得意ではありません。一方、米国は飛行機を作りますが、部品は自国では作らずに日本などで作って、コーディネートしています。

日本企業も、今後は優れた部品を供給するだけでなく、飛行機を作れるくらいの総合力を備える必要があるでしょう。50代以降の人たちがマネジメント力を発揮して、色んなリソースを組み合わせることができれば、それが企業の力になっていくと思いますね」

――マネジメント力を鍛えるために、50代が意識するべきことは何だろうか。

「社内の部長職の人たちによく言うのは、『あなたたちの給料が高いのは、部下に自分の言うことを聞かせるためじゃないよ。尖った人たちを思いっきり尖らせて、その隙間を埋めるためだよ』ということです。

私たちの社会は、どうしても同質性を求めがちですが、同じような考え方や行動をする人が集まっても、小さくまとまってしまいます。異質で尖った人たちを集めて、それぞれの良さや強みを活かしながら組織の力にしていくのが、マネジメントの役目です。そのことをぜひ意識していただきたいと思います」

次のページ
未来への想像力が、充実した人生を切り拓く >



THE21 購入

2021年7月

The21 2021年7月

発売日:2021年06月10日
価格(税込):700円

関連記事

編集部のおすすめ

松下幸之助と起業~パナソニック創業の背景にあった4つの理由~

THE21編集部

シリコンバレーで働いてわかった「日本人がお金持ちになれない」納得の理由

酒井潤(シリコンバレー・エンジニア)

"がん"になってもやり切った…77歳で博士号を取得した男性の「暗示勉強法」

吉岡憲章、鬼塚忠

2月開催!!ハッピーウーマンオンラインセミナーシリーズ-Dr.クリスティンペイジ

アクセスランキング

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
2月開催!!ハッピーウーマンオンラインセミナーシリーズ-Dr.クリスティンペイジ

話題のビジネス・スキルをやさしく解説するとともに、第一線で活躍しているビジネスパーソンの
プロのノウハウを紹介するなど、「いますぐ使える仕事術」が満載されています。

×