PHPオンライン衆知 » THE21 » インタビュー » LINE社長を辞めてでも成し遂げたかった「日本が元気になるメディア」

LINE社長を辞めてでも成し遂げたかった「日本が元気になるメディア」

2020年11月18日 公開

森川亮(C Channel代表取締役社長)

 

「女性」にこだわらず幅広い人々へサービスを

TOKYO PRO Marketに上場したのも、時代に合わせて新しいビジネスをどんどん展開したいと考えているからです。マザーズの上場基準が厳しくなり、まだ赤字の当社は上場できませんでしたが、黒字化を待っている時間はありません。

そこで、マザーズよりもハードルが低いTOKYO PRO Marketへの上場を選んだのです。周囲からは「聞いたことがない」などと、反対の声もありましたが、近年、東証がPRに力を入れていることもあり、TOKYO PRO Marketの知名度は高まりつつあります。東証と共に、この市場を成長させていきたいと思っています。

当社は、「C CHANNEL」の他、ママ向けの動画メディア「mamatas(ママタス)」も展開していますが、近年はジェンダーレスの考え方が浸透してきているのので、「女性」というターゲット設定自体が、もう古くなってきているのかもしれません。また、男性にも化粧品を使う人が増えてきました。

そう考えると、男性向けに化粧品などの動画を配信するメディアにも可能性があるかもしれません。こうしたマーケットの変化も見極めながら、ユーザーが喜ぶコンテンツを提供し、日本のあらゆる人々をもっと元気にしていきたいですね。

THE21 購入

2022年9月号

The21 2022年9月号

発売日:2022年08月05日
価格(税込):760円

関連記事

編集部のおすすめ

SHOWROOM社長・前田裕二氏が語る「世界の富豪が巨額の寄付をする理由」

前田裕二(SHOWROOM代表取締役社長)

JALの再出発を支えた「戦略立案&人材育成」一体のプロジェクト

小林傑(フィールドマネージメント・ヒューマンリソース代表取締役)

シリコンバレーで働いてわかった「日本人がお金持ちになれない」納得の理由

酒井潤(シリコンバレー・エンジニア)

ザストリングス表参道にてダイヤモンド、宮殿、共鳴をベースに再誕しサインを得るワーク

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
ザストリングス表参道にてダイヤモンド、宮殿、共鳴をベースに再誕しサインを得るワーク

話題のビジネス・スキルをやさしく解説するとともに、第一線で活躍しているビジネスパーソンの
プロのノウハウを紹介するなど、「いますぐ使える仕事術」が満載されています。

×