PHPオンライン衆知 » THE21 » インタビュー » 陥りやすい中高年の“睡眠不調”…幸福物質「セロトニン」効果で歩む健康人生

陥りやすい中高年の“睡眠不調”…幸福物質「セロトニン」効果で歩む健康人生

2020年12月09日 公開

小林弘幸(順天堂大学医学部教授・日本体育協会公認スポーツドクター)

 

良い睡眠で70代以降の「健康貯金」を貯めよう

睡眠やメンタルの悩みを抱える働き盛りの世代の方々に、私から一つだけアドバイスさせていただくとしたら、これからの人生は「自分を知ること」を大切にしてほしいということです。

仕事だけに追われていると、自分の本心や可能性に気づく余裕を失ってしまいます。目前の仕事しか見えていないから、そこに心が支配されて、視野が狭くなる。おのずと呼吸が浅くなり、自律神経が乱れて、ストレスを抱え込んでしまうのです。

日本企業の多くは定年制度がありますが、これがますます働く人を息苦しくさせています。50歳になったら、あと15年。もう40歳のときのようには働けないな――そんな思い込みを生む元凶になっているのです。

私に言わせれば、年齢は錯覚でしかありません。40歳も50歳も実は変わらない。違いを生むのは、自己実現のゴールを65歳としているのか、あるいは80歳や90歳の寿命年齢にしているかだけです。

仮に今、50歳ならば、人生の時間はまだまだ30年以上たっぷりあります。その間、自分は何を成し遂げられるかを真剣に考え出すと、見える風景が変わり、ルーティンが変わり、行動が変わってくるはずです。

私の父は、89歳で得意の数学を生かして家庭教師をこなし、食欲も旺盛で現役バリバリです。父を見ていると、人間の活力に年齢は関係ないと感じさせられます。

もし関係があるとしたら、足腰の強さかもしれません。病院でご高齢の患者さんに多く接していると、足腰が弱ることで脳や全身の働きも急激に悪化していくように感じられます。

私は朝1時間のウォーキングに始まり、生活のあらゆるシーンで歩いています。駅でも病院でも階段をどんどん利用します。疲れたときほど、元気になるために歩きます。

歩くことは、全身の血行をよくし、メラトニンのもとである幸福物質セロトニンを活性化し、よく眠れる安眠体質を作ってくれます。日常生活で積極的に歩くだけで身体は確実に変わります。そして、歩くことで「70歳以降の健康貯金」がどんどん貯まっていきます。

40代以降、積極的に良い睡眠を心がけることは、よりよく生きるための最強の生存戦略です。そのためには、自律神経のバランスを整える「熟睡ルーティン」を生活の中に組み込んでいくこと。そうすることで「睡眠が変わる=人生が変わる」変化があなたにも訪れるはずです。

 

THE21 購入

2021年12月号

The21 2021年12月号

発売日:2021年11月10日
価格(税込):700円

関連記事

編集部のおすすめ

“肩こり・腰痛・だるさ”が続く… 「悪い疲れ」の放置が引き起こす深刻な病気

小林弘幸(順天堂大学医学部教授・日本体育協会公認スポーツドクター)

「なかなか熟睡できない人」が疑うべき“食事の内容”

田村広大(予防医療診断士)

「定年後を“黄金の15年”にできる人」と「人生に悔いを残す人」を分ける50代の働き方

楠木新(神戸松蔭女子学院大学教授)

2月開催!!ハッピーウーマンオンラインセミナーシリーズ-Dr.クリスティンペイジ

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
2月開催!!ハッピーウーマンオンラインセミナーシリーズ-Dr.クリスティンペイジ

話題のビジネス・スキルをやさしく解説するとともに、第一線で活躍しているビジネスパーソンの
プロのノウハウを紹介するなど、「いますぐ使える仕事術」が満載されています。

×