ホーム » THE21 » インタビュー » 「自分の成果しか考えない営業」が時代遅れになってしまった理由

「自分の成果しか考えない営業」が時代遅れになってしまった理由



2021年01月13日 公開

水嶋玲以仁(グローバルインサイト代表)

 

勝敗を分けるのは「ログを残しているかどうか」

クロージングをする際、最大の武器になるのは、商談の内容をできるだけ客観的に記録したログです。

「こういうメッセージを投げたら反応がよかった」「このような言葉を使ったら、うまくいかなかった」というようなログを詳細に残しておくことで、上司やチームメンバーと一緒に対策を練ることができます。

また、その商談は逃してしまったとしても、次回、同じようなケースが出てきたときに参照し、受注の可能性をアップさせることができます。

最後に、根性論のようになってしまいますが、オンライン会議での商談では、自信を持ち、強気でいることが重要です。意外と、対面以上に、自信のなさや弱気が伝わってしまうからです。

「とにかく値下げをするので契約してください」という姿勢ではなく、「ここまで自分は入念に準備してきた」という自信を持って、クロージングに臨んでください。

 



THE21 購入

2021年2月号

The21 2021年2月号

発売日:2021年01月09日
価格(税込):700円

関連記事

編集部のおすすめ

リモートでは通用しない?「個人技に頼る営業」を今すぐやめるべき理由

藤本篤志(グランド・デザインズ代表取締役)

電話営業で売れる人、売れない人の決定的な違いとは?

正木達朗(カスタマーリレーションテレマーケティング営業部スーパーバイザー)

「テレワークでは部下がサボる」と心配する上司が知らない"リモートの劇的効果”

倉貫義人(ソニックガーデン代表取締役社長CEO)

落合陽一 ウィズコロナ時代、ヴァーチャル×リアルが新たなイノベーションを生む

<PR>産業交流展2020実行委員会

柴田陽子「企業同士のコラボ 成功の条件とは?」

<PR>産業交流展2020実行委員会

2月開催!!ハッピーウーマンオンラインセミナーシリーズ-Dr.クリスティンペイジ

アクセスランキング

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
2月開催!!ハッピーウーマンオンラインセミナーシリーズ-Dr.クリスティンペイジ

話題のビジネス・スキルをやさしく解説するとともに、第一線で活躍しているビジネスパーソンの
プロのノウハウを紹介するなど、「いますぐ使える仕事術」が満載されています。

×