ホーム » THE21 » スキルアップ » 会社を辞めたことの無い人に「相談」してはいけないこと

会社を辞めたことの無い人に「相談」してはいけないこと



2021年01月15日 公開

前川孝雄(FeelWorks代表取締役)

 

家族を言い訳にして、自分と向き合うことから逃げていないか

さらに、私はこう考えます。

人が自分のキャリアについて考えるとき、大原則として最も重視するべきなのは「自分が何をやりたいか」です。もちろん家族は大切ですが、夢への挑戦を我慢する働き方を続けている姿を見せることが本当に家族のためになるのでしょうか。

人生100年時代、これから数十年続く職業人生を、たとえ家族であれ、自分以外を軸にして決めるということが正解だとは思えません。家族にも自分らしく仕事に挑んでいる姿を見せられたほうが健全なのではないでしょうか。

少し厳しい言い方で恐縮ですが、多くのミドルは家族を言い訳にして自分と向き合うことから逃げています。実はそこに最大の問題があるのです。

 

反対する妻の説得は、最初から長期戦を覚悟する

さて、そうは言っても、会社を辞めて独立することに頑なに反対する妻も少なくはないはずです。

この場合、妻を説得するのは容易ではありません。ですから、1回独立を口に出して反対されたぐらいですぐにあきらめるのではなく、最初から長期戦の覚悟で、妻の考えを縛っている古い価値観を解きほぐしていくことが必要になります。

世の中が大きく変わろうとしていること、企業で働き続けることのリスクが高まっていること、独立はむしろリスクヘッジの手段であることを時間をかけて伝えていきましょう。一緒に学んでいく感じですね。

妻も外で働くことを応援するのもいいですね。自分自身がやりたいことを仕事にしたり、新たな人間関係を作るなどの働く喜びを実感すれば、夫の独立に反対する気持ちは徐々に薄らぐでしょうから。

企業のミドルは、仕事の忙しさを言い訳に家族と向き合うことからも逃げてきた人が多いのではないでしょうか。この機会に、自分のやりたいこと、自分の希望する今後の職業人生について真摯に伝え、家族とじっくり話し合ってみましょう。

それを避けたまま、「どうせ反対される」と思い込んでチャレンジしない人生を選んだとして、先々あなたは本当に後悔しないでしょうか?

 



THE21 購入

2021年6月号

The21 2021年6月号

発売日:2021年05月10日
価格(税込):700円

関連記事

編集部のおすすめ

「年収700万円くらいなら…」世間知らずな転職希望の大企業ミドル社員たち

前川孝雄(FeelWorks代表取締役)

転職のリスクを敬遠し「なぜか起業してしまった人」の末路

田中祐一(会社員のための地味な起業プロデューサー)

「大企業で年収1200万円」のプライドを捨てられなかった50歳の末路

江上治

2月開催!!ハッピーウーマンオンラインセミナーシリーズ-Dr.クリスティンペイジ

アクセスランキング

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
2月開催!!ハッピーウーマンオンラインセミナーシリーズ-Dr.クリスティンペイジ

話題のビジネス・スキルをやさしく解説するとともに、第一線で活躍しているビジネスパーソンの
プロのノウハウを紹介するなど、「いますぐ使える仕事術」が満載されています。

×