ホーム » THE21 » インタビュー » 取締役になったのに…50代で味わった「人生最大の挫折」 そこから変わった人生

取締役になったのに…50代で味わった「人生最大の挫折」 そこから変わった人生



2021年02月09日 公開

佐々木常夫(元東レ経営研究所社長)

 

弱点や悪い点も自分。無理に直さなくていい

――50代になったら手放すべきは「いいところを見せたい」という見栄や「こうあるべき」という理想像。その代わりに、等身大の自分を受け入れることだという。

「そのためには、まず自分を知ることです。50にもなれば、自分のことは自分が一番わかってると思うでしょう? でもほとんどの人は、驚くほど自分を知りません。私が48歳のときに会社で受けたリフレッシュ研修で『性格診断テスト』がありました。

100の質問に答えて性格診断が下されるのですが、その診断票を5人のグループでシャッフルして、自分の診断票を当てるゲームをしたのです。正解したのは20人中わずか10人。参加者の奥さんの診断票で行なったところ、正解はさらに減って4人。両方当てることができたのは、たったの2人でした。

性格診断テストをしなくても、家族や同僚、友人に聞いてみれば、自分の性格がわかります。きっと意外な答えが返ってくるのではないでしょうか」

――「怒りっぽい」「暗い」などと手厳しい答えが返ってきたとしても「自分の性格だから、今さら無理に変える必要はない」と断言する。

「野村克也監督なんてボヤくわ、辛口だわで、明るさや愛想なんてほとんどなかったですよね(笑)。でも、選手たちへの深い愛情に溢れていて、みんなに愛された。いくら取り繕っても、その人の本質は周りの人に伝わっているのです。50代になったら、自分を無理に変えようとせず、あるがままを受け止めて、良しとする。

自然体で生きるべきです。むしろ志を磨くことに専念する。仕事に真剣に取り組もう、部下をしっかり育てようという志さえあれば叱っても、ボヤいても、周囲にはちゃんと思いは伝わる。それができるだけの人間的な厚みがあるのが50代なのです」



THE21 購入

2021年5月号

The21 2021年5月号

発売日:2021年04月09日
価格(税込):700円

関連記事

編集部のおすすめ

「最後には必ず勝つ人」に共通する”たったひとつのこと”

佐々木常夫(元東レ経営研究所社長)

うつ病の妻から仕事中に電話 上司の"教養ある一言"に涙がにじんだ

佐々木常夫(元東レ経営研究所社長)

40代で「大きな結果を出す人」と「終わる人」を分ける“時間の使い方”

佐々木常夫(元東レ経営研究所社長)

2月開催!!ハッピーウーマンオンラインセミナーシリーズ-Dr.クリスティンペイジ

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
2月開催!!ハッピーウーマンオンラインセミナーシリーズ-Dr.クリスティンペイジ

話題のビジネス・スキルをやさしく解説するとともに、第一線で活躍しているビジネスパーソンの
プロのノウハウを紹介するなど、「いますぐ使える仕事術」が満載されています。

×