PHPオンライン衆知 » THE21 » トピックス » 「落ちこぼれ会社員」の社内評価を一変させた“SNSの力”

「落ちこぼれ会社員」の社内評価を一変させた“SNSの力”

2021年05月13日 公開

徳力基彦(noteプロデューサー・ブロガー)

 

職種や目的別に適したSNS

まずはどのSNSから始めるか。一度に複数を始めても構いませんが、運用が面倒になります。目的によって適したSNSは異なるので、最初は自分に合ったものから始めると良いでしょう。

社外の人とのネットワークを広げる上で最適なのはTwitterです。気になった人を誰でも気軽にフォローできますし、逆もしかりなので、新しい出会いが生まれやすいという長所があります。ただ、SNSに慣れていない人は、Facebookから始めることをお勧めします。

Twitterよりも面識のない人とのトラブルにあいにくいからです。原則的に実名登録ですし、友達申請が必要なので、誰とでもつながれるわけではありません。あなたの投稿が見られる人を友達限定に設定できるので、不用意な発言をしても、炎上するリスクが低いのです。

誰とでも気軽につながれないがゆえに、新しい出会いが起こりにくいのですが、ビジネスパーソンが多いので、社外のネットワークを作る手段としては十分に使えます。

特に、BtoBの仕事をしている実名アカウントがTwitter には少ないので、Facebookを活用するのはアリです。「おじさんのSNS」「若者にはオワコン」と言われますが、まだまだオワコンではありません。

ファッション関係や飲食関係など、ビジュアル面が重要な仕事をしている人ならInstagramを活用するのも良いでしょう。どのSNSを使うにしても共通するのは、人の興味を引きやすいプロフィールを書くことです。

組織名を出すのは難しいかもしれませんが、業種や仕事内容などを可能な範囲で詳しく書いておきましょう。するとあなたがどんな人かわかりやすくなり、フォローしてもらえる可能性が高まります。検索で引っかけてもらえることもあるでしょう。

 

THE21 購入

2022年2月号

The21 2022年2月号

発売日:2022年01月08日
価格(税込):700円

関連記事

編集部のおすすめ

月収18万の派遣社員がSNSで年収2000万円になれた「理由」

プチプラのあや(ブロガー、YouTuber、ファッションブランドディレクター)

意見が違うだけで「売国奴」と罵るユーザー…河野太郎が考えるSNS時代の“礼節”

河野太郎(行政改革担当大臣)&宮田裕章(慶應義塾大学医学部医療政策・管理学教室教授)

創業200年超の“くず餅屋”のSNS戦略が大成功! 「前年比201.5%」の衝撃

渡辺雅司(船橋屋 代表取締役八代目当主)

2月開催!!ハッピーウーマンオンラインセミナーシリーズ-Dr.クリスティンペイジ

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
2月開催!!ハッピーウーマンオンラインセミナーシリーズ-Dr.クリスティンペイジ

話題のビジネス・スキルをやさしく解説するとともに、第一線で活躍しているビジネスパーソンの
プロのノウハウを紹介するなど、「いますぐ使える仕事術」が満載されています。

×