PHPオンライン衆知 » THE21 » WEB特別企画 » “伝説のコンサルタント”が語る「10年後、経済的自由をめざす“丁字戦法”の不動産投資」

“伝説のコンサルタント”が語る「10年後、経済的自由をめざす“丁字戦法”の不動産投資」

2021年08月08日 公開

《PR》田島浩作(㈱日本財託 コンサルティング本部 エグゼクティブマネージャー)

 

相手の成功を考え真の信頼関係を築く

不動産投資に興味がある人は、まずは1戸、自己資金で買ってみよう、と田島氏は勧める。

「毎月の家賃を受け取る感覚を、味わっていただきたいですね。銀行預金とは別次元の利回り、働かずして入る収入の素晴らしさ、戸数を増やすことで到達できる未来図。私のお客様方も、その実感を得て2戸目、3戸目を自ら希望されます」

月に10件程度の契約を成立させる田島氏だが、こちら側から営業をかけることはしない。

「強引な営業というものが嫌いなのです(笑)。現在の私はありがたいことに、お客様からご友人の輪が広がる形でご縁をいただいています。お客様がFIREを達成されると『自分もぜひ』とお声がけいただけます」

顧客一人ひとりと緊密な信頼関係を築く田島氏。そこには「自分の数字ではなく、相手の成功を考える」という自身の営業哲学がある。

「リスクについても隠さず説明します。レバレッジに頼って失敗する例、自己資金で買うことでかかる時間や我慢すべきことなど。『うまい話』ではなく『事実』を伝えること、あとはお客様の選択に任せること。その先で素晴らしい『10年後』を実現していただければ、これほどうれしいことはありません」

 

不動産投資の「丁字戦法」とは!?

「丁字戦法」とはもともと、日露戦争中の日本海海戦でとられた戦法のこと。味方艦隊の主砲を敵の先頭艦に集中し、一隻ずつ撃沈するこの方法で、日本海軍は大勝利を収める。

これを不動産投資に当てはめると、「敵」とは借金のこと。1戸目を自己資金で買い、2戸目で一部ローンを組めば、2戸分の家賃収入+働いて得た収入という「主砲」で、2戸目のローンを撃破できる。

その間は、安易な無駄遣いをやめ、返済に集中することが重要だ。可能な限り繰り上げ返済も取り入れ、純資産の割合を増やす。

3戸目、4戸目……と戸数が増えるにつれ、主砲の力は増大するのでモチベーションも上がりやすい。敵をたやすく倒せるようになるうえに、資産も膨らんでいく。

敵をすべて撃沈し、自己資金100%で10戸のマンションを持つ状態になれば、めでたくFIRE達成。仕事を離れるも続けるもよし、さらに戸数を増やして大富豪を目指すもよし。人生の選択肢が大きく広がる。

※アンケート&資料請求でQuoカードをプレゼント。詳しくはこちら
 

THE21 購入

2021年12月号

The21 2021年12月号

発売日:2021年11月10日
価格(税込):700円

関連記事

編集部のおすすめ

コロナ禍でニーズが急増! 「家賃保証」システムで不動産オーナーと入居者に安心を提供

《PR》丸山輝(フォーシーズ(株)代表取締役社長)

楽しみながら賃料収入を得られる「ReVOS」…不動産投資で人生を豊かにする別荘ライフを

《PR》『THE21』編集部

「タワマン」を共有財産とする悪夢…マンションは買うべきか、借りるべきか?

河合雅司(人口減少対策総合研究所 理事長),牧野知弘(不動産評論家)

2月開催!!ハッピーウーマンオンラインセミナーシリーズ-Dr.クリスティンペイジ

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
2月開催!!ハッピーウーマンオンラインセミナーシリーズ-Dr.クリスティンペイジ

話題のビジネス・スキルをやさしく解説するとともに、第一線で活躍しているビジネスパーソンの
プロのノウハウを紹介するなど、「いますぐ使える仕事術」が満載されています。

×