PHPオンライン衆知 » THE21 » スキルアップ » 脳科学者・中野信子が「集中力は身につけるものではない」と語るワケ

脳科学者・中野信子が「集中力は身につけるものではない」と語るワケ

2021年12月03日 公開

中野信子(脳科学者)

 

快適にすればするほど集中力は高まる

電話もメールと同じように、集中している状態を邪魔するものの一つです。可能なら、留守電か、マナーモードに設定しておくのがいいと思います。私は、集中して仕事に取り組んでいるときは、基本的には電話に出ないようにしています。

さらに、仕事や勉強に取り組む上では、「快適さ」ということも大切な要素です。

座りにくい椅子、寒すぎたり暑すぎる部屋、窮屈な衣服などは、長時間の作業には向きませんよね。私は、そういう状態をできるだけなくしておくようにします。部屋は適温にして、椅子に座るときも負担が大きくならない姿勢を保てるようにし、着慣れた服で作業します。

快適さに関連したこととして、私は香りの良いものも使っています。私は香水を集めているのですが、作業の間は良い香りを身につけておくのです。身の回りを良い香りにしておくと、適度にリラックスした良い状態で、作業が続けられるのです。

一説によれば、勉強や仕事には、柑橘系の香りが良いといわれているようです。

でも、集中するための道具として香りを使いたい場合は、あなたの一番好きな香りを選ぶのがベストではないでしょうか。「より快適に作業ができそうな香り」は、あなた自身が一番よく知っているでしょうから。

 

THE21 購入

2022年6月号

The21 2022年6月号

発売日:2022年05月06日
価格(税込):760円

関連記事

編集部のおすすめ

中野信子「“毒親”という言葉の流行が、苦しむ子どもの心を救っている」

中野信子(脳科学者)、鬼塚忠(作家エージェンシー代表)

子どもの学力を左右してしまう、親の経済力とは別の「重要な要素」

中野信子(脳科学者)、鬼塚忠(作家エージェンシー代表)

“メンタル指導の専門家”が実践する「嫌いな仕事でも集中」する方法

田中ウルヴェ京(メンタルトレーニング指導士)

ザストリングス表参道にてダイヤモンド、宮殿、共鳴をベースに再誕しサインを得るワーク

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
ザストリングス表参道にてダイヤモンド、宮殿、共鳴をベースに再誕しサインを得るワーク

話題のビジネス・スキルをやさしく解説するとともに、第一線で活躍しているビジネスパーソンの
プロのノウハウを紹介するなど、「いますぐ使える仕事術」が満載されています。

×