ホーム » THE21 » スキルアップ

スキルアップ

2020年07月03日

私産を着実に増やす「時間を味方につける3つの方法」

鈴木隆史(日本私産運用協会代表理事)

私産を着実に増やす「時間を味方につける3つの方法」

鈴木隆史(日本私産運用協会代表理事)

「時間」×「利回り」×「お金」=増えるお金 私産形成には基本式があります。それは「時間」×「利回り」×「お金(金額)」という3つで構成されます。 つまり、これらが大きければ大き...

2020年06月26日

データ活用が失敗するのは「支点・力点・作用点」が揃っていないから

則武譲二・小峰弘雅(デジタル・イノベーション・ラボ)

データ活用が失敗するのは「支点・力点・作用点」が揃っていないから

則武譲二・小峰弘雅(デジタル・イノベーション・ラボ)

「デジタル・イノベーション・ラボ」の室長・則武譲二氏(左)と、同ラボ所属のチーフデータサイエンティスト・小峰弘雅氏   「データを活用して業績を上げよう!」とは、どの企業でも言われることだろ...

2020年06月02日

電話営業で売れる人、売れない人の決定的な違いとは?

正木達朗(カスタマーリレーションテレマーケティング営業部スーパーバイザー)

電話営業で売れる人、売れない人の決定的な違いとは?

正木達朗(カスタマーリレーションテレマーケティング営業部スーパーバイザー)

  新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、人との接触を減らさなければならない状況が続いている。これまで訪問営業をしてきた営業職にとって、深刻な事態だ。電話営業に切り替えたものの、思うように成果が...

2020年05月18日

米国のデザインスクールで叩き込まれるブレストを超える3つのアウトプット法

佐々木康裕(Takramディレクター&ビジネスデザイナー)

米国のデザインスクールで叩き込まれるブレストを超える3つのアウトプット法

佐々木康裕(Takramディレクター&ビジネスデザイナー)

「正解」を出す力にもう価値はない   何かアイデアを出す必要があれば、とりあえず会議室に人を集めてブレスト……。どの会社にもありがちな光景だ。 ただ、実際のブレストは、他者へ...

2020年05月15日

日本企業がイノベーションで苦戦しているのは、リサーチ法を変えないからだ

佐々木康裕(Takramディレクター&ビジネスデザイナー)

日本企業がイノベーションで苦戦しているのは、リサーチ法を変えないからだ

佐々木康裕(Takramディレクター&ビジネスデザイナー)

数値的分析だけでは、差別化はできない   かつて企業にとってデータを集めることは難しく、数値的データのある企業に優位性があった。しかし、今はどの企業でもデータを集めることは容易である。そのた...

2020年05月14日

原宿・竹下通りの女子高生がいまだにCDを買う意外な理由

佐々木康裕(Takramディレクター&ビジネスデザイナー)

原宿・竹下通りの女子高生がいまだにCDを買う意外な理由

佐々木康裕(Takramディレクター&ビジネスデザイナー)

ロジカルシンキングの限界を超えるデザインリサーチとは?   今はVUCAの時代と言われているように変化の激しく「答え」のない世界になっている。 そんな中、従来の数値的データを基にしたロジカル...

2020年05月13日

部下の話を聞くだけで終わり?…「コーチング」の一大ブームが招いた4つの誤解

田近秀敏(〔株〕リーダーシップチーム・コンサルティング代表取締役)

部下の話を聞くだけで終わり?…「コーチング」の一大ブームが招いた4つの誤解

田近秀敏(〔株〕リーダーシップチーム・コンサルティング代表取締役)

《部下に成長してもらい、どんどん大きな成果を上げてもらうことが、上司の重要な役割だ。そのために有効な部下指導法として有名なのが「コーチング」だが、「試してみたけど、うまくいかない」という人も少なくない。 ...

2020年05月11日

「どうせ、うちの会社は変わらない」と嘆く社員を量産させる”⽇本企業の性悪説”

沢渡あまね(業務改善・オフィスコミュニケーション改善士)

「どうせ、うちの会社は変わらない」と嘆く社員を量産させる”⽇本企業の性悪説”

沢渡あまね(業務改善・オフィスコミュニケーション改善士)

《そもそも、現場のマネージャーがするべき仕事とは、どんなものなのか? 数多くの職場に対するコンサルティングを行なってきた沢渡あまね氏は、今、マネージャーに求められていることは、これまでとは違っていると話す...

2020年04月21日

テレワークの今こそ、部下との信頼関係を「言葉の力」で強化しよう!

藤山晴久(インプレッション・ラーニング代表取締役)

テレワークの今こそ、部下との信頼関係を「言葉の力」で強化しよう!

藤山晴久(インプレッション・ラーニング代表取締役)

面と向かっては気恥ずかしい言葉も、メールで積極的に使おう    新型コロナウイルス対策のため、テレワークを実施する企業がにわかに増えている。テレワークになると大きく変わるのが、これまでは顔を...

2020年04月20日

「ロジカルだけど退屈」なアイデアでは企業が生き残れない時代が来ている

佐々木 康裕(Takramディレクター&ビジネスデザイナー)

「ロジカルだけど退屈」なアイデアでは企業が生き残れない時代が来ている

佐々木 康裕(Takramディレクター&ビジネスデザイナー)

「正解」を出す力にもう価値はない!   いま私たちはVUCAの時代と言われているように、変化が激しく「答え」のない世界を生きている。 そんな中、実はいま世界のビジネスエリートたちがMBAでなく...

2020年04月16日

「外出できないのにノルマは変わらない!」そんな営業パーソンが今すぐすべき5つのこと

後田良輔(ビジネス書作家・コラムニスト)

「外出できないのにノルマは変わらない!」そんな営業パーソンが今すぐすべき5つのこと

後田良輔(ビジネス書作家・コラムニスト)

成功者たちがコロナ問題の渦中でやっていることとは? 「得意先訪問は禁止なのに、利益ノルマは変わらない」 「リモートワークの営業活動に限界を感じる」 「コロナ問題が気になり、ついついネガティブ...

2020年04月11日

日本人はひそかに馬鹿にされている?グローバルビジネスに不可欠な「歯」の真実

生澤右子(歯科医師、株式会社Dental Defense代表取締役)

日本人はひそかに馬鹿にされている?グローバルビジネスに不可欠な「歯」の真実

生澤右子(歯科医師、株式会社Dental Defense代表取締役)

知らないと恥をかく「暗黙の口元マナー」 グローバルビジネスでまず重要なのは、異文化の壁を超えて、相手の信頼を得ることである。しかしその前に「暗黙の口元マナー」を知らないと、恥ずかしい状況になるという。...

2020年04月10日

50歳から加速する“筋肉の衰え”…まだ間にあう! 筋力復活に最適な「10分筋トレ」

谷本道哉(近畿大学生物理工学部准教授)

50歳から加速する“筋肉の衰え”…まだ間にあう! 筋力復活に最適な「10分筋トレ」

谷本道哉(近畿大学生物理工学部准教授)

老後に一人になっても生活できるだろうか」……。将来の健康に対する不安を持っている読者は多いだろう。運動をすべきだと思っても、習慣がないとなかなか始められないものだ。 そこで、出演したNHKの...

2020年04月07日

ほとんどの営業マンが誤解している!「伝わった話」ほど受注に至らない根本的な理由

斎藤拓斗(「法人営業」専門トレーナー)

ほとんどの営業マンが誤解している!「伝わった話」ほど受注に至らない根本的な理由

斎藤拓斗(「法人営業」専門トレーナー)

営業はもちろん、日常会話にも活かせる会話テクニック 自分の想いや考えを聴き手に伝えられた会心のプレゼンや営業だったにも関わらず、商談や受注につながらなかった経験は誰にでもあると思います。10年以上、法人...

2020年03月31日

コミュ障の元CAが、苦手な先輩とうまく付き合えるようになった3つのコツ

美槻はるか(コミュニケーション・アドバイザー)

コミュ障の元CAが、苦手な先輩とうまく付き合えるようになった3つのコツ

美槻はるか(コミュニケーション・アドバイザー)

コミュニケーションのプロが「苦手な人の攻略法」を伝授 多くの合格者を輩出したマンツーマン指導のCA就職予備校「クルーアンドキャリアズ」の設立者であり、その教育方法を企業研修の場でも活用し大きな成果を出し...

2020年03月31日

ビジネスシーンで使える!「フリ」と「オチ」の連続で場をデザインする技術

中北朋宏(俺社長)

ビジネスシーンで使える!「フリ」と「オチ」の連続で場をデザインする技術

中北朋宏(俺社長)

「ウケる」技術を磨いて正しく笑いを取ろう    ビジネスでは、コミュニケーションを良好にし、相手との信頼関係を築くことが重要だ。そこで、元お笑い芸人であり、現在は「笑いの力」で組織改革を行な...

日本最大級の癒しイベント出展社募集中

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
日本最大級の癒しイベント出展社募集中

話題のビジネス・スキルをやさしく解説するとともに、第一線で活躍しているビジネスパーソンの
プロのノウハウを紹介するなど、「いますぐ使える仕事術」が満載されています。