ホーム » Voice » 社会・教育 » アレックス・ラミレス 「夢の球場」で日本一に

アレックス・ラミレス 「夢の球場」で日本一に

2017年10月12日 公開

アレックス・ラミレス(横浜DeNAベイスターズ監督)

勝っても負けても前を向く

聞き手:編集部、写真:Shu Tokonami

 

 ――シーズン終盤は、阪神タイガースや読売ジャイアンツとCS進出を懸けて熱戦を繰り広げました。緊迫感のある試合が続き、選手が感じるプレッシャーもそうとうなものだったと想像します。

 ラミレス 選手は、過酷なペナントレースを最後まで諦めずに戦い抜いてくれた。僕は、シーズン佳境を迎える9月1日に「OUR TIME IS N.O.W.(すべては、この時のために。)」というスローガンを掲げ、チームを鼓舞した。

 そのうえで選手には、「われわれは1年を通して安定した成績を残している。ベーシックなことを変える必要はない。もう一段上のプレーを意識すれば、きっと結果はついてくる」とメッセージを送り続けたんだ。細かい指示を出すと選手に不要なプレッシャーを与えかねない。それよりも首脳陣やスタッフ、そしてファンが一体となって一戦一戦に臨む覚悟を共有してもらいたかったんだ。

 それに、日ごろから選手たちにはできるだけリラックスするように薦めている。ロッカールームではいつも大音量で陽気な音楽が掛かっているし、選手同士で冗談を言い合ったりしている。だからどんなにタフな試合が続いても、彼らは平常心でプレーに集中できるんだ。

 ――死力を尽くして戦った試合で負けてしまうと、選手はショックを引きずりませんか。

 ラミレス たまに試合に負けると、メインゲートではない出入り口から帰宅する選手がいるけど、悪いことをしているわけでもないのだから、何も後ろめたく思うことはない。われわれは昨シーズン、Aクラスに残った。そのプライドは絶対に失ってはいけないんだ。勝っても負けても、堂々と正面玄関のドアを開けてほしい。そう選手には伝えている。

 ――日本の「武士道」に通ずる素晴らしい心掛けですね。

 ラミレス 僕は現役選手だったころから、引退後はプロ野球の監督になるって真剣に考えていたんだ。当時、若松勉監督(ヤクルト)や原辰徳監督(巨人)のもとでプレーしながら「自分が監督だったら、この局面でどういう判断を下すか」というシミュレーションを欠かさなかった。

 実際に、監督に就いてみると想像以上にうまくいかないことは多いけど、勝っても負けても前を向くという姿勢は、若松監督や原監督から学んで実践できていると思うよ。

(本記事は『Voice』2017年11月号、アレックス・ラミレス氏の「『夢の球場』で戦い抜く」を一部、抜粋したものです。全文は現在発売中の11月号をご覧ください)

癒しフェア2018 東京(8月)、大阪(3月)出店者大募集!!

関連記事

編集部のおすすめ

山本昌・野球界最年長投手のやる気の源とは?

山本昌広(プロ野球選手・中日ドラゴンズ)

リーダーは「ほめる」ことと「勇気づける」ことの違いを認識せよ

岩井俊憲

富山はほんとうに閉鎖的なのか?YKK吉田忠裕会長が語る、黒部に本社の一部を置く理由

出町譲(ジャーナリスト)


アクセスランキング

  • Twitterでシェアする
癒しフェア2018 東京(8月)、大阪(3月)出店者大募集!!

21世紀のよりよい社会を実現するための提言誌として、
つねに新鮮な視点と確かなビジョンを提起する総合月刊誌です。