ホーム » Voice » Voiceインフォメーション » 映画『ビハインド・ザ・コーヴ 』に込めた八木景子監督の思いとは

映画『ビハインド・ザ・コーヴ 』に込めた八木景子監督の思いとは

2018年03月12日 公開

八木景子(映画監督)

八木景子

撮影:遠藤宏(カメラマン)

現在発売中の『Voice』4月号では、映画監督の八木景子さんが登場。和歌山県太地町でのイルカ漁を批判的に描いたドキュメンタリー映画『ザ・コーヴ』の反証映画として八木監督が手掛けた『ビハインド・ザ・コーヴ』が話題を呼んでいる。

2018年2月には、ロンドン国際映画制作者祭で長編ドキュメンタリー部門の最優秀監督賞を受賞した八木監督。鯨の竜田揚げが食べられなくなる日がくる? 八木監督が本作にかけた思いを語る。

『Voice』4月号をいますぐ注文したい方はこちら
『ビハインド・ザ・コーヴ』の公式ホームページはこちら



Voice購入

12月号

Voice 12月号

発売日:2019年11月09日
価格(税込):840円

関連記事

編集部のおすすめ

『Voice』2018年新年号「凛たる女性」に半井小絵さんが登場!

「凛たる女性」に乃木坂46・高山一実さんが!

Voice編集部

現代浮世絵師・ツバキアンナさんがかける作品への思い

ツバキアンナ(現代浮世絵師)
DRAGON JAPAN 龍の日

アクセスランキング

  • Twitterでシェアする
DRAGON JAPAN 龍の日
×

21世紀のよりよい社会を実現するための提言誌として、
つねに新鮮な視点と確かなビジョンを提起する総合月刊誌です。