ホーム » Voice » 社会・教育 » 厚切りジェイソン 「意識高い系」で何が悪い

厚切りジェイソン 「意識高い系」で何が悪い

2018年04月09日 公開

厚切りジェイソン(IT企業役員・お笑い芸人)

聞き手:編集部 写真:吉田和本

 

なぜ、失敗を恐れてばかりなの?

 ――「Why Japanese People!?」というフレーズでお馴染みの厚切りジェイソンさんですが、来日されたときはIT企業のビジネスパーソンだったそうですね。現在も、ITベンチャー「テラスカイ」のグローバルアライアンス部部長というもう1つの顔をおもちです。

 厚切りジェイソン(以下、ジェイソン) 初めて来日したのは2005年でしたが、そのときに「すごく生きやすいな、ここで働きたいな」と感じました。事実、こんなに暮らしやすい国はないでしょう。社会的な秩序が保たれていて、街は綺麗で犯罪も少ない。交通網も発達しているので、利便性も高い。加えて、人びとのサービス精神も抜群です。

 アメリカでは、新卒でGE(ゼネラル・エレクトリック)に入ったのですが、最初の3年間、次世代の経営層を育てるための研修を受けていました。それから「日本で働きたい」と会社の人間に話したのですが、「うちには現地法人もあるので、わざわざアメリカ人の君を送ることはない」といわれたんです。

 そこで私は、「それじゃ日本に行ける企業を見つけます」といって退社し、転職を経ていまの会社で働き始めました。

 ――日本で働きたいという希望があったにせよ、いきなり会社を辞めるとは、勇気のある決断だったのではないでしょうか。

 ジェイソン Why!? どうしてそう感じるのでしょうか? そうした考え方が、日本人の悪い癖だと思うんです。

 ――どういうことでしょうか。

 ジェイソン まず、アメリカ人は成功するために働いています。それに対して、日本人は失敗しないために働いている。私は来日して7年目ですが、日本のビジネスパーソンを見て「日本人は成功のために働いていない」と感じるときがあります。

 だから、環境を変えるという行動を「リスクを恐れない勇気ある決断」と捉えるのでしょう。でもそれは、アメリカ人からすれば成功をつかもうとする当たり前の判断です。

 以前、日本人の友人に「ジェイソン、日本の会社で出世する方法を教えてやろうか」といわれて「ぜひお願いします」と答えたところ、「まずは新卒のときに1つだけ大きな仕事にチャレンジして、それを成功させる。そのあとは何もやらない。すると、『昔あのプロジェクトを成功させた人』という印象が残り、周りの同期が落ちこぼれて自分だけ残る」。

 つまり、失敗さえしなければ出世できるというわけですね。日本人が皆、このようにチャレンジを恐れる意識だとしたら、リスクを取らないのも無理はありません。しかし少なくとも、私は「成長し続けたい」と考えています。だから、何のチャレンジもしないでじっとしているのは、ものすごいストレスです。

次のページ
「向いていない」はネガティブじゃない >



著者紹介

厚切りジェイソン(あつぎりじぇいそん)

IT企業役員・お笑い芸人

1986年、アメリカ生まれ。本名はジェイソン・ デイヴィッド・ダニエルソン。17歳のときにミシガン州立大学に入学したのち、イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校へ進み、エンジニアリング学部コンピューターサイエンス学科修士課程修了。2011年に来日。IT企業の役員として働きながら、14年10月にお笑い芸人としてデビュー。現在は、NHK-Eテレ「Why!? プログラミング」「えいごであそぼ with Orton」など、多くのテレビ番組やラジオ、CMなどで活躍中。著書に『日本のみなさんにお伝えしたい48のWhy』(ぴあ書籍)、『ジェイソン式英語トレーニング』(主婦と生活社)。

関連記事

編集部のおすすめ

日本のリベラルは、自分の国を守ることさえ拒否するのか

ケント・ギルバート(米カリフォルニア州弁護士)

好きなことをして「脳のアンチエイジング」を

茂木健一郎(脳科学者)

名越康文 医者の指示で生活習慣は変わらない

名越康文(精神科医)

『龍使いになれる本』10万部超の著者大杉日香理と歴史NO.1雑誌『歴史街道』 編集長と行く! 香取神宮 日帰りバスツアー

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

  • Twitterでシェアする
『龍使いになれる本』10万部超の著者大杉日香理と歴史NO.1雑誌『歴史街道』 編集長と行く! 香取神宮 日帰りバスツアー

21世紀のよりよい社会を実現するための提言誌として、
つねに新鮮な視点と確かなビジョンを提起する総合月刊誌です。