ホーム » Voice » 社会・教育 » なぜ警察は「オウム犯行説」に固執したのか?捜査第一課元刑事が明かす宿命

なぜ警察は「オウム犯行説」に固執したのか?捜査第一課元刑事が明かす宿命

2018年11月05日 公開

原雄一(警視庁捜査第一課元刑事)

平成7年(1995年)3月30日朝、東京都荒川区で起こった國松孝次警察庁長官狙撃事件。10日前に地下鉄サリン事件が発生したこともあり、警察は狙撃事件発生時からオウムによる犯行だと見ていた一方、有力な容疑をもった中村泰という人物が浮上する。中村の捜査を担当した捜査第一課元刑事の原雄一氏が、オウム犯行説にとらわれた当時の警察の様子を明かす。

 

刑事部と公安部の垣根を超えた混成捜査チーム

――著書『宿命 警察庁長官狙撃事件 捜査第一課元刑事の23年』(講談社)では、原さんたち刑事部捜査第一課が中村を追っていた一方、公安部は「オウム真理教による犯行」という前提に固執していた様子が印象的です。

 捜査は本来、積み重ねた事実を検証しながら進めていくべきであり、思い込みで進めてはなりません。公安部はオウム犯行説を押し通していた一方で、中村に対する捜査については一貫して否定的でしたが、捜査は継続するように指示されました。

平成20年(2008年)、当時の警視総監から中村の捜査再開を指示されたとき、私は、捜査第一課と公安第一課の捜査員をそれぞれ5名ほど集めた混成チームをつくりたい、と要望しました。

異なる視点で事件に向き合っていた者同士でタッグを組むことで、お互いに視野狭窄に陥らないようにしたかったからです。

その上で私を班長とした「中村捜査班」が結成され、証拠品の分析や共犯者の割出し等を進めていきました。刑事部と公安部が垣根を超えて同じ捜査に携わることは、警察組織においてきわめて異例なことでした。

――しかし、最終的に中村の立件には至らず、平成22年(2010年)3月30日に警察庁長官狙撃事件の公訴時効が成立します。あらためて当時の心境を教えてください。

 もちろん、立件できなかったことは無念でした。同時に「これで解放される」という安堵感も抱きました。これが正直な思いです。

ただ、公安部長が記者会見で、中村の捜査についてはいっさい触れず、「警察庁長官狙撃事件はオウム真理教信者グループにより敢行された計画的・組織的なテロ」と発表されたことには、驚きを禁じえませんでした。

捜査員の多くは歯軋りをして悔しがっていましたよ。いくら事実を積み上げても、事件の解決には至らない矛盾に納得できないでいました。

私は、検挙に至ることができなかった自分の無力さを、懸命に捜査をしてきた仲間たちに詫びました。みんな俯いて、黙って私の話を聞いていました。その光景は、いまでも鮮明に覚えています。

次のページ
オウム犯行説から逸脱できない暗黙の了解 >



関連記事

編集部のおすすめ

「私が長官を撃ちました」 國松長官狙撃事件の真犯人は誰か

一橋文哉(フリージャーナリスト)

「チクショー。やめろ」 オウム真理教・麻原死刑囚最後の日

一橋文哉(フリージャーナリスト)

人口減少・高齢化は大きなチャンス(落合陽一)

落合陽一(メディアアーティスト、筑波大学学長補佐・准教授)

『龍使いになれる本』10万部超の著者大杉日香理と歴史NO.1雑誌『歴史街道』 編集長と行く! 香取神宮 日帰りバスツアー

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

  • Twitterでシェアする
『龍使いになれる本』10万部超の著者大杉日香理と歴史NO.1雑誌『歴史街道』 編集長と行く! 香取神宮 日帰りバスツアー

21世紀のよりよい社会を実現するための提言誌として、
つねに新鮮な視点と確かなビジョンを提起する総合月刊誌です。