ホーム » Voice » 政治・外交 » 韓国に異常事態 徴用工判決の陰に「反文政権の狼煙」

韓国に異常事態 徴用工判決の陰に「反文政権の狼煙」

2018年12月14日 公開

櫻井よしこ(ジャーナリスト)

 

止まらない文在寅政権の横紙破り

隣りの韓国が大変だ。日本人の私たちの想像を超えるとんでもない政変が進行中だ。

2018年10月30日、韓国大法院(最高裁)による朝鮮半島出身労働者への戦時賠償問題に関する不当判決、同年10月11日の、国際観艦式で日本の海上自衛隊に旭日旗の掲揚を拒否し、秀吉軍を破った李舜臣の旗(抗日旗)を掲げた愚挙、日韓両政府が合意した慰安婦問題の「最終的かつ不可逆な」解決策の蒸し返しなど、文在寅政権の横紙破りが止まらない。

とりわけ、大法院の判決はたんなる反日嫌がらせの枠を超え、過去50年余りの日韓両国の外交基盤を突き崩す重大事だ。日韓両国は1965年の基本条約で戦後の歴史を共に歩み始めた。

そのときに結んだ日韓請求権協定で、「国及びその国民(法人を含む)」の請求権問題は、「完全かつ最終的に解決された」と確認し、賠償などの請求権問題は個人も法人もすべて解決済みとした。それをいま否定すれば、日本側が『朝日新聞』まで含めて反発するのは当然である。

文政権下の韓国でこのような異常事態が続くのは、文政権が仕掛ける社会主義革命の結果であろう。革命などといえば、多くの人が驚くだろう。何といっても韓国は自由で豊かで、少々乱暴だが朗らかで闊達な国と思われている。

歴史問題で私たちはたびたび不快な思いをさせられてはきたが、それでも韓国は自由と民主主義を基調とする国であり、対中国の枠のなかで協力し合うべき相手だと考えている人も多いはずだ。

しかし、そのような位置付けは文政権には当てはまらない。

文氏は大韓民国の歴史上、正統性のある大統領は金大中、盧武鉉両氏と自分だけだと公言する。3氏共、反日反米の思想である。文氏の公約は「積弊の除去」だが、これは「日帝」の影響を受けた韓国保守派勢力を排除する、という意味だ。

3氏のもう一つの特徴は、大韓民国の否定と北朝鮮の礼賛である。彼らはさまざまな手法で韓国弱体化を進めたが、金大中氏は軍から保守的な人材を追放した。

金大中氏も盧武鉉氏も、金正日書記長に北朝鮮が主張する連邦政府樹立や韓国が北朝鮮に貢ぐ一方の経済協力、在韓米軍の撤退に通ずる安保政策などを提案した。

このような流れを引き継いだ文政権は教育、軍、司法、外交などおよそすべての分野で、法治国家ではありえない異常事態を引き起こしている。前述の大法院判決は、文氏が親北朝鮮左派系判事を大法院長官に大抜擢した結果である。

文政権下の韓国は真っ当な民主主義の国であることをやめ、社会主義革命に突入したと見てよいだろう。革命勢力は、条約も契約も常識も秩序の全てを紙クズのように破り捨てる。文政権の行ないがまさしくそれだ。

次のページ
日本の危機はつねに朝鮮半島から >



著者紹介

櫻井よしこ(さくらい・よしこ)

ジャーナリスト/国家基本問題研究所理事長

ベトナム生まれ。ハワイ州立大学歴史学部卒業。『クリスチャン・サイエンス・モニター』紙東京支局員、アジア新聞財団『DEPTH NEWS』記者、同東京支局長、日本テレビ・キャスターを経て、現在、フリー・ジャーナリスト、国家基本問題研究所理事長。
著書に『日本よ、「歴史力」を磨け』(文春文庫、編著)など多数がある。

Voice購入

2019年10月号

Voice 2019年10月号

発売日:2019年09月10日
価格(税込):780円

関連記事

編集部のおすすめ

日本人が知っておくべき『チベット 自由への闘い』

櫻井よしこ(ジャーナリスト)

特攻隊員になった朝鮮人

早坂隆(ノンフィクション作家)

揺れる「元徴用工」判決 韓国が狙った“請求権の枠外“

篠田英朗(東京外国語大学教授)
日本最大級の癒しイベント出展社募集中

アクセスランキング

  • Twitterでシェアする
日本最大級の癒しイベント出展社募集中
×

21世紀のよりよい社会を実現するための提言誌として、
つねに新鮮な視点と確かなビジョンを提起する総合月刊誌です。