ホーム » Voice » 社会・教育 » <連載>「パラアスリートの肖像」第17回 レーサー <鈴木朋樹(パラ陸上選手)>

<連載>「パラアスリートの肖像」第17回 レーサー <鈴木朋樹(パラ陸上選手)>

2019年01月23日 公開

山田清機(ノンフィクション作家)、人物撮影=尾関裕士

 

(前回までの内容はこちらから)

 

 

カッコいい車いすに乗りたい

JR千葉駅から車に乗って30分ほど、千葉市若葉区中田町にOXエンジニアリングという会社がある。社屋の正面には広大な落花生畑が広がり、敷地の左右を鬱蒼とした雑木林に囲まれている。ありていに言って、かなり辺鄙な田舎である。

OXは、今回の主人公、車いす陸上800m走のアジア記録保持者・鈴木朋樹(トヨタ自動車)にレーサーと呼ばれる競技用車いすを提供しているメーカーである。この国内屈指の車いすメーカーがこうした立地を選んだのには、それなりの理由があった。広報室長の川口幸治が言う。

「弊社の創業者、石井重行は、元々ヤマハ発動機の社員でしたが、会社のなかでは自分の思い通りのことができずに、独立してこの会社を立ち上げたのです」

バイクレースが好きで、バイク雑誌にインプレッション(試乗の感想)を寄稿するジャーナリストでもあった石井は、ヤマハを退職後、ヤマハの販売代理店を経営する傍らチューニング(改造)のための部品づくりを始め、ヤマハのバイクの性能試験も請け負っていた。

OXの社屋が辺鄙な場所にあるのは、性能試験で大きな騒音が出ても苦情がこないようにするためであった。

自社の部品を売るには、自社の部品を使ったバイクでいい成績を収めるのが早道だ。そう考えた石井は数々のレースに参戦し、雑誌にインプレッションを書きまくった。しかし……。

「1984年、石井は試乗の最中に事故を起こして、脊髄を損傷する大怪我を負ってしまったのです」

車いす生活を余儀なくされた石井は、当時の車いすのかっこ悪さに絶望してしまう。バイクのデザインに精通していた石井は、デザイン性をほとんど考慮していない車いすに乗るのが耐えがたかった。

だったら、自分が気に入るデザインの車いすを自分でつくってしまえばいい。幸いなことに、石井の周囲にはバイクのチューニングが得意な人間が大勢いた。彼らに声をかけて"かっこいい車いす"を作り始めたのが、車いすメーカーOXの事始めである。

 

器用でなんでも乗りこなす子

川口に、レーサーの進化をレクチャーしてもらってから、OXの工場の内部に入れてもらった。

工場のサイズはいたって小ぶりで町工場のイメージだが、一般の町工場と大きく異なるのは、小さいながら完全なバリアフリーが実現されていることである。やはりバイクの事故が原因で車いす生活になったという川口は、随所に設置された小型の昇降機を使って工場のなかを自在に移動していく。顧客の大半が車いすの利用者であることを考えれば、これは当然のことかもしれない。

競技用のレーサーだけを制作している第二製造課で、鈴木のレーサーを手掛けている小澤徹課長の話を聞いた。口数の少ない、いかにも職人肌の人物である。

小澤によれば、一台のレーサーは約1週間でつくれるが、東京パラリンピックの影響で注文が殺到し、現在は1年待ちの状態。車いす利用者の母数に大きな変化はないが、レーサーに乗りたいという人や健常者の体験用のレーサーの注文が増えたことなどが〝盛況〟の理由だという。

小澤が鈴木に出会ったのは、鈴木がまだ小学生だったころである。小学校低学年から先輩たちの"お古"のレーサーに乗っていた鈴木は、2004年の日産カップ追浜チャンピオンシップに参加してワミレス賞を受賞し、賞品として新品のレーサーを贈られることになった。そのレーサーをつくったのが、小澤だった。

「レーサーは高額だし、子供はどんどん成長するからすぐにサイズが合わなくなってしまうのでなかなか自分専用のレーサーをもてないのですが、朋樹はワミレス賞をもらって自分専用のレーサーに初めて乗ったんです。レーサーはオーダーメイドなので選手の体を採寸してからつくりますから、このとき初めて朋樹のことを意識したのではないかと思います」

小澤の記憶が微妙なのは、鈴木の師匠であり、一時期OXの社員でもあった車いすマラソンの花岡伸和(アテネパラ6位、ロンドンパラ5位)と一緒にいる鈴木に、それ以前にも会っていた可能があるからだ。

「なにしろこの世界は、途中でやめちゃう子が多いんですよ。車いすに乗っていると学校に行っても競争をする場面があまりないので、せっかくアジアで活躍しても世界大会なんかに出ていって壁にぶつかると、すぐに挫折しちゃう。でも、朋樹は小さいころから選手として競技に出ていたんで、採寸しながらこの子は続けてやるのかなと思った記憶があります」

現在鈴木は、OXのサポート選手として車いすの提供を受けると同時に、テストドライバーとして新しいレーサーの試乗も行なっている。

「朋樹は器用で何でも乗りこなせるから、『いいですね』としか言わないんです。テストドライバーにはもっと文句を言ってもらったほうがいいんですけどね」

車いすを器用に乗りこなすとは、具体的にはどんなことを指すのだろう。
「たとえばレーサーの場合、ハンドリム(車輪の外側についている手で漕ぐための輪)が高速回転しているときは、リムを握って漕ぐことができません。そこで、グローブでリムを叩くようにして漕ぐわけですが、実はこれが難しいんです。朋樹はどうやって叩いたら車いすを前に押し出せるかを、よくわかっているんです」

次のページ
20センチ以上長いウイング・スパン >



著者紹介

鈴木朋樹(すずき・ともき)

パラ陸上選手

1994年6月14日生まれ。千葉県館山市出身。トヨタ自動車所属。生後8カ月のときに交通事故で脊髄損傷。両足が不自由となるが、小学5年生のときに車いす陸上と出会い、そこから着実に成長を遂げる。2015年、世界パラ陸上選手権に初出場(800m、1500m)。2015年、東京マラソン2位。2017年、東京マラソン3位。2018年、大分国際車いすマラソン2位。マラソンにも出場するが最も得意とするのは800mと1500mの中距離レース。

山田 清機(やまだせいき)

ノンフィクション作家

1963年、富山県生まれ。1987年、早稲田大学政治経済学部卒業。鉄鋼メーカー、出版社 勤務を経て独立。著書に『卵でピカソを買った男』(実業之日本社)、『青春支援企業』(プレジデント社)、『東京タクシードライバー』『東京湾岸畸人伝』(ともに朝日新聞出版)など。

Voice購入

2019年8月号

Voice 2019年8月号

発売日:2019年07月10日
価格(税込):780円

関連記事

編集部のおすすめ

<連載>「パラアスリートの肖像」第14回 チーム道下 <道下美里(陸上競技選手)>前編

山田清機(ノンフィクション作家)、人物撮影=尾関裕士

<連載>「パラアスリートの肖像」第12回 ローポインター <藤澤潔(車いすバスケ選手)>前編

山田清機(ノンフィクション作家)、人物撮影=尾関裕士

<連載>「パラアスリートの肖像」第10回 ジレンマを生きる <江崎駿(ボッチャ日本代表強化指定選手)>前編

山田清機(ノンフィクション作家)、人物撮影=尾関裕士
日本最大級の癒しイベント出展社募集中

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

  • Twitterでシェアする
日本最大級の癒しイベント出展社募集中

21世紀のよりよい社会を実現するための提言誌として、
つねに新鮮な視点と確かなビジョンを提起する総合月刊誌です。