ホーム » Voice » 地域再生 » 岩手の地酒「南部美人」がアメリカ人を驚かせた理由

岩手の地酒「南部美人」がアメリカ人を驚かせた理由

2019年06月19日 公開

早坂隆(ノンフィクション作家)

株式会社南部美人の5代目蔵元・久慈浩介氏

<<デジタライゼーションは加速的に進展し、やがてAIの頭脳労働をも代替するだろうとも予測される現代でも、日本の職人の手による甲冑や陶器、酒といった、極めてフィジカルな存在が人びとを惹き付けてやまない事実もある。

ノンフィクション作家の早坂隆氏が発表した著書『現代の職人 質を極める生き方、働き方』では、そんな全国の匠たちを訪ね、現場の熱量と物づくりにかける職人の思いを伝えている。

本稿では、同書より岩手の地酒「南部美人」を海外にまで進出させ、ついには日本酒初のビーガン向けの食品として認定までされ、さらなるグローバル展開を推し進める株式会社南部美人の5代目蔵元・久慈浩介氏を取材した一説を紹介する。>>

※本稿は早坂隆著『現代の職人 質を極める生き方、働き方』より一部抜粋・編集したものです。

 

天才杜氏がいても、「うまい酒」は生まれない難しさ

研ぎ澄まされた感覚を持つ職人たちを蔵元として束ねる久慈さんは、「技術が大切なのは当然の上で」と前置きした後、こう話す。

「酒造りにおいて最も大切なのは、結局は『人』なんです。とにかく我が酒蔵では『人』にこだわっています。細かな技術などは腐るほどありますが、それらを操る『人』がきちんとしていなければ駄目だろうと。

技の凄さよりも『人』。『人』を育てるのが私の仕事です。そういった哲学から、私たちは人事の体制を具体的に改めました。

昔から南部杜氏は季節派遣の出稼ぎ採用となるのが慣習だったのですが、それを改めて、杜氏を社員として採用するようにしました。

そうすることによって、技術の育成と継承を図ったわけです」久慈さんがにこやかな笑みを見せる。

「最も大切にしている言葉は『和醸良酒』ですね。これは『どんなに良い原料、どんなに良い技術を持っていても、それだけでは良い酒はできない。

本当の意味で酒造りに重要なのは、造り手たちの和である』という意味の言葉です。『和をもって造ってこそ良い酒ができる』ということですね。

例えば、日本で最も高価な原材料を使えば良い酒ができるかと言えばそれは違う。また、天才杜氏が一人いれば良い酒ができるかと言うとそれも違うんです。

『和をもって造る酒こそ良い酒である』ということを、昔の人たちは身をもって知っていたのでしょう。私はこの言葉がすべてだと思っています」

日本有数の名酒を生み出す達人が、酒造りに最も大切な言葉として挙げたのは、なんと「和」の精神であった。

我が国で最初に制定された成文法(憲法十七条)は、「以和為貴(和ヲ以テ貴シトナス)」から始まる。これほど日本人の民族性を表す一字は他にないであろう。

熟成された南部美人の穏やかな妙味の中には、日本人の伝統的な「和のこころ」が込められていたのである。

思えば、久慈さんも松森さんも、その言葉の端々に「酒造りへの畏怖」を漂わせていた。畏怖の念があるからこそ、そこに謙虚さが生まれる。

独善や驕慢、不遜を嫌い、謙虚であることの肝要さを知る者たちが集まった時、初めて生まれ出づるのが「和」の織り成しのように思える。酒とはまさに民族性の鏡であろう。

次のページ
二戸から岩手へ。岩手から日本、そして世界の「SAKE」へ >



Voice購入

2019年10月号

Voice 2019年10月号

発売日:2019年09月10日
価格(税込):780円

関連記事

編集部のおすすめ

反射光に浮かび上がるキリスト像 日本に2人だけの「魔鏡」の作り手

早坂隆(ノンフィクション作家)

「完成まで2年」現代日本に残る甲冑職人の情熱

早坂隆(ノンフィクション作家)

メディアが決して伝えない「世界からみた日本」

早坂隆(ノンフィクション作家)
日本最大級の癒しイベント出展社募集中

アクセスランキング

  • Twitterでシェアする
日本最大級の癒しイベント出展社募集中
×

21世紀のよりよい社会を実現するための提言誌として、
つねに新鮮な視点と確かなビジョンを提起する総合月刊誌です。