ホーム » Voice » 政治・外交 » 「羊が消えて警官が増えた」“ウイグルの中国化”が止まらない

「羊が消えて警官が増えた」“ウイグルの中国化”が止まらない

2019年06月21日 公開

福島香織(ジャーナリスト)

 

ホテルの出入口でX線と金属探知ゲートのチェック

ネットで予約したヌルランホテルに到着すると、出迎えてくれたのは防
刃チョッキを着たウイグル人女性警官だった。

ホテルに入るには、まず荷物と身体チェックが必要だった。空港にあるようなX線の透過装置と金属探知機のゲートがホテルの入り口にも設置され、出入りするたびに必ずチェックを受けなければならない。中国では特別の厳戒態勢が敷かれたとき、たとえば国際会議や要人の宿泊に際しては、ホテルでこうした徹底した安全検査設備を設置することは知っている

が、カシュガルではこれが日常、スタンダードらしい。ウイグル人女性の警官がかわいくて愛想がよかったのが、少しだけ物々しさを緩和していた。

あとで街を散策して分かったのだが、ホテルどころかスーパーも地下道も、ショッピングモールも、バザールも必ず出入口でX線による安全検査と金属探知ゲートによるチェックが求められた。

その近くには、防暴用の盾をもった警官が控えている。出入りするたびにピーピー鳴るが、引き留められたことはなかった。ただウイグル人の若い男性は、時おり警官から職質を受けていた。

 

コンビニ以上に多い「便民警務ステーション」

警官の多さに慣れてくると、次に気になるのは便民警務ステーション
の多さだ。「便民警務ステーション」とは、いわゆる交番。中国の新聞で
は「町の灯台」などと紹介されている。

建前では市民の便利のために設置されており、雨が降れば傘を貸してくれるし、気分が悪くなれば薬をくれる。喉が渇けばお茶を出し、体の不自由な人のために車いすの貸し出しなどもしている。

白い建物に青いペイントの存在感ある〝交番〞が、東京の繁華街のコンビニ以上の密集度で建っている。もちろん建前は「市民のための町の灯台」である便民警務ステーションだ

が、本当の目的は、市民のなかの不穏分子に対する威嚇と監視だ。

私が泊まっていたホテルは解放北路に面するエイティガール寺院の近所だが、解放北路にはだいたい100mごとに便民警務ステーションが立っている。そしてその便民警務ステーションのあいだには、無数の監視カメラ。

これも数十mに数個の割合で設置されていた。壊れたまま放置されているものもあったので、全部が全部機能しているわけではなさそうだが、「監視しているぞ」というプレッシャーは十分に発揮されている。



Voice購入

2020年1月号

Voice 2020年1月号

発売日:2019年12月10日
価格(税込):840円

関連記事

編集部のおすすめ

「祖国の父は人質にされ生死も…」在日ウイグル人をも追い込む中国共産党

福島香織(ジャーナリスト)

「拘束4時間」ウイグル人と誤認された日本人 中国は何を怖れているのか?

福島香織(ジャーナリスト)

『論語』でわかった、日本人と中国人の国民性の違い

石平(せき・へい:評論家)
DRAGON JAPAN 龍の日

アクセスランキング

  • Twitterでシェアする
DRAGON JAPAN 龍の日

21世紀のよりよい社会を実現するための提言誌として、
つねに新鮮な視点と確かなビジョンを提起する総合月刊誌です。