ホーム » Voice » 政治・外交 » 「アメリカを偉大なままに」 トランプ再選に有利な4つの条件

「アメリカを偉大なままに」 トランプ再選に有利な4つの条件

2019年07月09日 公開

村田晃嗣(同志社大学法学部教授)

最有力候補バイデン前副大統領の“弱点”

いまのところ、トランプ再選に有利な条件が4つ揃っている。第1は景気が堅調なことであり、第2は失業率が低いことである。第3に、目下アメリカは大規模な戦争をしていない。

そして、第4は民主党の混迷である。一部の有力者たちが選挙を牛耳らないように党則を改めたこともあり、すでに民主党からは20人を超える人びとが次期大統領選挙に出馬を表明している。

乱立が続くと、ベテランの選挙参謀の奪い合いとなり、寄付金も分散してしまう。だから、テレビ討論会で早い段階から候補者の絞り込みに入ったのである。

それでも、ジョー・バイデン前副大統領の人気が図抜けて高い。上院議員を6期36年務め司法委員長や外交委員長を歴任した上、バラク・オバマ政権で副大統領を2期8年務めたベテラン政治家である。経歴としては申し分ない。

しかも、バランスのとれた党内穏健中道派である。バイデンは地元デラウェア大学を経てシラキュース大学ロースクールに学んでおり、アイビー・リーグ出身のオバマやヒラリーほど、エリート臭くもない。

ペンシルベニア、ミシガン、オハイオといったラストベルト(さびついた工業地帯)の労働者層にも、彼らよりは受けがいい。トランプもバイデンを警戒しており、得意のツイッターなどで「低脳」「寝ぼすけ」と下品な攻撃を繰り返している。

また、「バイデンは第二のモンデール」と、ウォルター・モンデールとバイデンを重ね合わせる批判も、トランプ陣営は展開している。モンデールは民主党のジミー・カーター政権で副大統領を務め、1984年の大統領選挙で現職のロナルド・レーガンに惨敗した人物である。

ただし、バイデンにもいくつかの弱点がある。まず、76歳という年齢である。史上最高齢で大統領になったトランプが現在73歳だから、バイデンはそのトランプより3歳年上である。

もしバイデンが当選しても、一期限りの大統領になる可能性が高い。だから、バイデンの下で副大統領候補になるのが本心で、多くの者が大統領候補に名乗りを上げているのかもしれない。

また、先述のように、バイデンは庶民性をもっているが、それでもワシントン・インサイダーであることは間違いない。

イギリスの『エコノミスト』誌の表現を借りれば、バイデンは毎年ダボス会議(世界経済フォーラム)に参集するようなグローバル・エリートの常連、「ダボス・パーティー」の一員なのである。トランプはこの点を厳しく攻撃してこよう。

次のページ
多様化が進む民主党の大統領候補 >



Voice購入

2019年8月号

Voice 2019年8月号

発売日:2019年07月10日
価格(税込):780円

関連記事

編集部のおすすめ

在韓米軍撤退の悪夢 対馬海峡が軍事境界線に?

村田晃嗣(同志社大学法学部教授)

村田晃嗣 日本の明確な意思を示す防衛費の増額を

村田晃嗣(同志社大学法学部教授)

日米安保条約に潜む「アメリカが日本を助けない理由」

北村淳(軍事社会学者)
日本最大級の癒しイベント出展社募集中

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

  • Twitterでシェアする
日本最大級の癒しイベント出展社募集中

21世紀のよりよい社会を実現するための提言誌として、
つねに新鮮な視点と確かなビジョンを提起する総合月刊誌です。