ホーム » Voice » 社会・教育 » 朝井リョウ 「人間の負の部分を描いているときにこそ気持ちが高ぶる」

朝井リョウ 「人間の負の部分を描いているときにこそ気持ちが高ぶる」



2019年07月16日 公開

朝井リョウ(小説家)

潔白を過剰に求める風潮

――作中、テレビ制作会社の中年ディレクターで、昔は抱いていた仕事のやりがいを見失いつつある弓削晃久は、主な登場人物のなかで唯一、若者ではありませんね。

【朝井】 じつは弓削のパートを描いているときが、いちばん筆が走りました。優秀な後輩が台頭するなかで自分は結果が残せないけれど、オフィスに居続けなければならない。多様性と言いながら結局誰もが自分を何かと比べてくる。

弓削がカルト的なものに身を預けかける瞬間などは、自然に言葉が出てきました。彼は最終的にある事件を起こしてしまうのですが、それは私の明日の姿でもまったくおかしくない。

人間は喜怒哀楽の感情のなかで、怒りや哀しさにその人らしさが表れる気がします。マイナスなエピソードを話しているときのほうが、言葉が具体的で感情が乗ってくる。

私自身、人間の負の部分を描いているときにこそ気持ちが高ぶるし、言葉の幅も広がるように思います。

――本作で描写されているように、平成に登場したSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)によって、誰もが自らの感情を発信、共有できる時代になりました。

【朝井】 とくに最近はツイッターを中心に、潔白を過剰に求める風潮を感じています。私は、人間は間違いを犯す者だという大前提をもっていて、自分もその枠からは逃れられない、と考えています。

生きる上で周囲との摩擦や軋轢は付き物で、時に差別的な感情をもってしまうこともある。誰の心の動きも、制御しようがありません。

その気持ちを言葉にしたり行動に起こしたりすることはいけないけれど、最近は、心の動きすら制御されてしまうのでは、と恐怖を感じています。

今回は承認欲求を超えた生存欲求をテーマにしましたが、秋に出版する新作では、潔白さや正しさから外れた心の動きを丹念に書きたいと思っています。



Voice購入

2020年6月号

Voice 2020年6月号

発売日:2020年05月09日
価格(税込):840円

関連記事

編集部のおすすめ

直木賞作家・朝井リョウが描く、“対立が削がれた時代”の息苦しさ

朝井リョウ(小説家)

又吉直樹 「著者に聞く」『劇場』

又吉直樹(お笑い芸人・小説家)

直木賞作家・真藤順丈が『宝島』に込めた沖縄への思い

真藤順丈(作家)
日本最大級の癒しイベント出展社募集中

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

  • Twitterでシェアする
日本最大級の癒しイベント出展社募集中

21世紀のよりよい社会を実現するための提言誌として、
つねに新鮮な視点と確かなビジョンを提起する総合月刊誌です。