ホーム » Voice » 政治・外交 » 「慰安婦問題」にのみ“女性の人権侵害”を指摘する韓国の矛盾

「慰安婦問題」にのみ“女性の人権侵害”を指摘する韓国の矛盾

2019年07月30日 公開

櫻井よしこ&洪ヒョン

櫻井よしこ&洪ヒョン

<<「元徴用工訴訟」問題をめぐり、最高裁判所にあたる韓国大法院が朝鮮半島出身労働者への賠償を命じる不可解な判決を下したことをきっかけに、日韓両国の溝が深まった。日本国内でも報道は加熱する一方である。

徴用工問題、慰安婦問題となぜ韓国はここまで歴史に固執するのか? ジャーナリストの櫻井よしこ氏と元・駐日韓国大使館公使で『統一日報』主幹の洪ヒョン氏が、共著書である『韓国壊乱』において、「韓国の歴史認識」について語り合っている。ここでは同書よりその一部を抜粋し紹介する。>>

※本稿は櫻井よしこ・洪ヒョン共著『韓国壊乱 文在寅政権に何が起きているのか』(PHP新書)より一部抜粋・編集したものです。

 

未来に関心をもたない政治家たち

(洪)たとえば普通の先進国で大企業・組織に所属する人びとや、社会的に責任ある地位にいる人たちは、未来のための投資や後継者の育成、次世代の教育について、多かれ少なかれ関心や問題意識をもっています。

ところがいま、左翼メディアが国民を洗脳している韓国では、国家や人類の未来にまったく関心のない人びとが増え続けています。とくに政治家のなかで、韓国の未来や文明の進化にまったく無関心の議員が多い。

まさに文在寅をはじめ従北勢力がその典型であり、彼らはただ「平等な社会をつくればよい」「金持ちから資産を奪い、自分たちが富を分配する」という妄想に憑りつかれている。彼らの最大の特徴は、他人や他国の過去ばかりあげつらって現在、未来を見ないという点に突きます。

(櫻井)文在寅政権や、慰安婦や徴用工などの歴史問題に固執する人たちがまさにそうですね。

(洪)自分たちが権力を握るために過去を掘り起こし、「こいつが悪い、あの国が悪い」と強調し、「階級的敵対感」を煽っているわけです。

私は、慰安婦問題の本質をこのように見ています。以前から申し上げたように、世の中には「過去しか見ない」あるいは「見えない」人間がいる、ということ。

彼らは未来にまったく関心がなく、過去に執着する。正常な人間ならば、相手の過去をほじくるよりも自分個人や国家の未来を案じ、将来の世代のために何ができるかを考えます。

企業や組織でも、たんに目先の利益だけではなく、将来の存続と発展を考えて投資を行ないます。ところが、そうではない人間が一定の割合で存在するわけです。

次のページ
歴史を直視しないのは韓国の反日勢力のほう >



Voice購入

2019年9月号

Voice 2019年9月号

発売日:2019年08月10日
価格(税込):780円

関連記事

編集部のおすすめ

韓国「元徴用工訴訟」の原告が「元徴用工ではない」矛盾

櫻井よしこ&洪ヒョン

韓国に異常事態 徴用工判決の陰に「反文政権の狼煙」

櫻井よしこ(ジャーナリスト)

拡大する韓国の武器輸出 日本が国益のために「取るべき行動」

渡瀬裕哉(パシフィック・アライアンス総研所長)
日本最大級の癒しイベント出展社募集中

アクセスランキング

  • Twitterでシェアする
日本最大級の癒しイベント出展社募集中

21世紀のよりよい社会を実現するための提言誌として、
つねに新鮮な視点と確かなビジョンを提起する総合月刊誌です。

{*