ホーム » Voice » 経済・経営 » 韓国の経済構造を見誤った、文在寅大統領の経済政策

韓国の経済構造を見誤った、文在寅大統領の経済政策

2019年08月14日 公開

デービッド・アトキンソン(小西美術工藝社代表取締役社長)

新古典派エコノミストが抜け出せない“旧来の常識”

――新古典派エコノミストの多くは「最低賃金を上げれば失業者が増える」と主張しますね。彼らの考えは間違っていた、ということでしょうか?

【アトキンソン】 そのとおりです。彼らの勘違いは、「労働市場が完全に効率的である」という大前提をもっていることです。

すなわち、労働力の価格は市場で隔たりなく評価されており、1人の労働者の労働価格は1つに決まる、と。しかしその前提は近年、覆されています。現実の労働市場は完全に効率的ではないのです。

その理由としては、①仕事や雇用に関する情報が不完全なため、高い収入を得るための可能性を生かせないこと、②転職のコストが障害になっていること、③労働者個人の事情により、自分の潜在能力より収入が低い仕事を選んでいること、が挙げられます。

③はとりわけ女性にいえることです。出産や育児によって労働市場での立場が弱くなり、本来もっている生産性に比べて低い給与で働く構図は容易に想像ができるでしょう。

――子供の面倒を見る以外にも、親の介護などで仕事をセーブするケースもあるでしょうね。

【アトキンソン】 新古典派のエコノミストたちは、「労働市場は効率的」という”旧来の常識”から抜け出せていない。

日本は過去にも最低賃金を引き上げていますが、そのことで失業率が上がったことを示すデータは存在しません。

次のページ
韓国の最低賃金引き上げは失敗だったのか >



Voice購入

2019年10月号

Voice 2019年10月号

発売日:2019年09月10日
価格(税込):780円

関連記事

編集部のおすすめ

日本の生きる道は最低賃金引き上げしかない

デービッド・アトキンソン(小西美術工藝社代表取締役社長)

韓国と対峙するうえで想定すべき“国際世論戦”

渡瀬裕哉(パシフィック・アライアンス総研所長

投資家ジム・ロジャーズの衝撃予測「日本の老後保障の資金は底をつく」

ジム・ロジャーズ
日本最大級の癒しイベント出展社募集中

アクセスランキング

  • Twitterでシェアする
日本最大級の癒しイベント出展社募集中
×

21世紀のよりよい社会を実現するための提言誌として、
つねに新鮮な視点と確かなビジョンを提起する総合月刊誌です。