ホーム » Voice » 社会・教育 » 母の命と引き換えにいまの自分がある

母の命と引き換えにいまの自分がある

2019年10月11日 公開

舞書家Chad.

舞書家Chad.写真:キムラタカヒロ 取材・文:編集部

その舞いと書きぶりには確かな信念がある―。

踊りながら書道をする「舞書家Chad.」として活動する佐渡仁美さんのことだ。彼女は自らの出生時に母親を亡くした経験から、「たった一つの命を輝いて生きるためのお手伝い」をコンセプトに活動している。

転機が訪れたのは、大学生だった2014年。相手を見て直感で言葉を書く路上詩人に衝撃を受け、自らも路上での活動を開始。

相手を見て感じたことを色と言葉で色紙に即興で書き下ろし、イベントでは舞書パフォーマンスで観客を魅了する。

また、妊婦のお腹にペイントを施し、写真に収めて絵本風のフォトブックにする「マタニティアート」というサービスも行なっている。

「母の命と引き換えにいまの自分がある。出産という『奇跡』を形に残したい」(Chad.さん)と語るまなざしから、並々ならぬ思いを感じた。

今年7月には、パリで開催されたジャパンエキスポ(日本文化の総合博覧会)に出展し、Chad.さんの地元である広島県竹原市の竹や、高知県いの町の土佐和紙を使ってパフォーマンスを披露した。

「作り手の顔が見える地元文化を世界に発信したい」(Chad.さん)。

彼女の本気の信念は、国や言語の壁を越えて心に響くことだろう。



Voice購入

11月号

Voice 11月号

発売日:2019年10月10日
価格(税込):840円

関連記事

編集部のおすすめ

ブラック企業でも耐えた「氷河期世代」の悲痛な叫び

平岡陽明(ひらおかようめい:作家)

何でもスマホの時代? ゆうこすが語るモテ&SNSの極意とは

菅本裕子(モテクリエイター)

自民党参議院議員・松川るい氏が政治家になった理由

松川るい(自民党参議院議員)
日本最大級の癒しイベント出展社募集中

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

  • Twitterでシェアする
日本最大級の癒しイベント出展社募集中
×

21世紀のよりよい社会を実現するための提言誌として、
つねに新鮮な視点と確かなビジョンを提起する総合月刊誌です。