ホーム » Voice » 政治・外交 » なぜ、北方領土交渉は進展しないのか

なぜ、北方領土交渉は進展しないのか

2019年11月07日 公開

ニーアル・ファーガソン(歴史学者)

ニーアル・ファーガソン(歴史学者)ニーアル・ファーガソン氏(左)にインタビューする大野和基氏(右)

たび重なる交渉にもかかわらず、なぜ、北方領土交渉が進展しないのか。スタンフォード大学フーヴァー研究所シニアフェローで、世界的に有名な歴史学者であるニーアル・ファーガソン氏は、その理由について、プーチンにとって中国以外の国との関係は、二次的なものにすぎないからだと語る。

取材・構成:大野和基(国際ジャーナリスト)

※本稿は『Voice』(2019年12月号)ニーアル・ファーガソン氏の「米中の冷戦は長期化する」より一部抜粋、編集したものです。

 

中国とロシアの分断は難しい

──(大野)安倍首相は、プーチン大統領と北方領土交渉を進展させようとしていますが、プーチンはまったく譲歩しようとしません。これについてどう考えますか。

【ファーガソン】 ロシアは中国と同調しており、プーチンの対アジア政策は、多くの点で中国が最上位にあり、それ以外の国との関係は二次的なものです。

習近平とプーチンは、他のいかなるリーダー同士よりも頻繁に会っているので、彼らの政策は基本的に調整されています。

そのため、日ロ関係でのブレークスルーはないと思います。中国がそれを望まないし、ロシアは中国のいうことに従うからです。

──(大野)それでも安倍首相は、何かできるのではないかという期待を国民に抱かせています。

【ファーガソン】 そのことで安倍首相を責められません。プーチンは、中東のリーダーが向き合うのと同じように、他のリーダーも向き合わないといけない人物です。

トランプがアメリカの大統領としてerratic(常軌を逸した、一貫性のない)であるかぎり、他国の指導者はできるだけオプションをオープンにしておく必要がある。それがプーチンと直接会うことを意味する場合もあります。

現実的にみて、ロシアと中国の間に楔を打ち込むことはとても難しいでしょう。それほどまでにその二国は密接に同調しているのです。

──(大野)アメリカは、「世界の警察官」としての役割をすでに捨てたのでしょうか。

【ファーガソン】 もしそうだとすれば、それはオバマ大統領のときに起こりました。オバマがテレビ演説で「アメリカはもはや『世界の警察官』ではない」と述べたことはよく知られています。

しかし、トランプが次期大統領選で勝利したとして、アメリカの軍事的なコミットメントを本当に減少させようとすると、世界中の悪漢がこの機会に乗じるので、国際情勢はかなり不安定になる。アメリカが再び「世界の警察官」にならざるを得ない状況になるでしょう。

アメリカが「世界の警察官」をやめて海外の米軍を本国に戻し、世界とかかわらないというのは、たんなる夢物語にすぎません。

事実上、アメリカにはその選択肢はないのです。中国がアメリカの代わりをする用意ができている場合はなおさらのことです。



Voice購入

12月号

Voice 12月号

発売日:2019年11月09日
価格(税込):840円

関連記事

編集部のおすすめ

「日本はもっと自衛隊を増強すべき」 知日派の安全保障専門家が提言

マイケル・オースリン(スタンフォード大学フーバー研究所リサーチフェロー)

英国が「日英同盟」復活を急ぐ理由

岡部伸(産経新聞論説委員・前ロンドン支局長)

ノーベル賞経済学者の危惧「わずかな富裕層が政治を支配する未来」

ポール・クルーグマン(聞き手:大野和基)
DRAGON JAPAN 龍の日

アクセスランキング

  • Twitterでシェアする
DRAGON JAPAN 龍の日
×

21世紀のよりよい社会を実現するための提言誌として、
つねに新鮮な視点と確かなビジョンを提起する総合月刊誌です。