PHPオンライン衆知 » Voice » 政治・外交 » “反日種族主義”とは何か? 韓国人学者が悲嘆する「韓国の良心の麻痺」

“反日種族主義”とは何か? 韓国人学者が悲嘆する「韓国の良心の麻痺」

2019年11月13日 公開

李栄薫(ソウル大学元教授)&洪ヒョン(『統一日報』主幹)

 

なぜ請求権に執着してしまったのか

【洪】私がいまでも残念に思うのが、われわれが日本との国交正常化の際に請求権に執着したことです。当時、物資があまりにも乏しかったのは事実ですが、蒋介石と毛沢東は日本に賠償を要求しませんでした。それは中国に経済的、物質的に余裕があったからではありません。

戦略的に見ればその後、日本は水素爆弾とICBM(大陸間弾道ミサイル)をもった中国に対し、どれほどのODA(政府開発援助)をしましたか。文化大革命をはじめ、数多くの野蛮な行為を行なった共産党に対する支援に、日本の誰も異論を唱えませんでした。それを見ると、国交正常化交渉時の韓国がなぜ請求権を放棄できなかったか、という一種の悔恨を感じます。

【李】朴正煕将軍がクーデターの直後、訪米の途中で日本に立ち寄ったとき、「われわれは過去にとらわれず、請求権問題に執着しない」と発言しました。

ところがこれに対して韓国内で大騒ぎが起き、朴正煕将軍は慌てて発言を取り消さざるをえませんでした。

中国は果敢に放棄したのに、戦争の主体でも参戦国でもなかった韓国が、日本人たちの残した多くの財産を目にしながら、補償を当然と見なす思いはいったいどこから起きたものなのか。

この物質主義的な欲求は、一つの宿命のようなものだったと思います。韓国人の精神文化の深い根に何があるのか。私は『韓国経済史』という本で疑問を提起したことがあります。

【洪】私は請求権問題を見ながら、適切な比喩なのかわかりませんが、ベトナム戦争参戦者の一部が「自分が当時もらうべきだった戦闘手当を国が奪った」として起こした返還運動を思い出しました。「ベトナム戦争参戦者たちの国家に対する追加補償要求に反対する運動」でもしなければ、と思ったほどです。

【李】国家のために参戦したら名誉なのに、その名誉と勲章をお金に換算するなんて話になりません。李承晩大統領は、請求権を必ず要求するつもりはなかったようです。

李承晩大統領の最大の関心事は、日本が再び韓半島へ来るときに備えることでした。たしかに日本に対する請求権について調査するよう命じましたが、それは日本から請求権が出されたときに対応するためであり、李承晩政権は日本に請求権を金額として提示したことはありません。

次のページ
良心の麻痺から来る問題 >

Voice購入

2021年11月号

Voice 2021年11月号

発売日:2021年10月08日
価格(税込):840円

関連記事

編集部のおすすめ

韓国「元徴用工訴訟」の原告が「元徴用工ではない」矛盾

櫻井よしこ&洪ヒョン

そして中国も北朝鮮も韓国を捨てる

室谷克実(評論家・韓国問題研究家)&渡邉哲也(作家・経済評論家)

日本軍の撤退後の韓国に「独立と平和」はなかった…相次いだテロと暴動

江崎道朗(評論家)

2月開催!!ハッピーウーマンオンラインセミナーシリーズ-Dr.クリスティンペイジ

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

  • Twitterでシェアする
2月開催!!ハッピーウーマンオンラインセミナーシリーズ-Dr.クリスティンペイジ

21世紀のよりよい社会を実現するための提言誌として、
つねに新鮮な視点と確かなビジョンを提起する総合月刊誌です。

×