ホーム » Voice » 経済・経営 » 木村清「世界と漁業・農業でつながれば食糧難にはならない」

木村清「世界と漁業・農業でつながれば食糧難にはならない」



2020年01月02日 公開

木村清(株式会社喜代村〈すしざんまい〉社長)

木村清写真:吉田和本

日本の漁業従事者が年々減少していくなか、日本の水産業の未来はどうなっていくか――。日本だけでなく、広い視野で水産業を捉えることが改善につながると提言するのは、人気寿司店「すしざんまい」を展開する喜代村の木村清社長である。その発言の真意を伺った。

※本稿は月刊誌『Voice』2020年1月号、木村清氏の「海賊だって人間だ」より一部抜粋・編集したものです。

聞き手:編集部(中西史也)

 

漁船の乗組員が日本人だけでいいか

――2018年の漁業就業者数は15万2082人と過去最少で、後継者不足が加速しています。木村社長は水産業の未来をどうみていますか。

【木村】 日本が本気で考えなくてはならない問題です。たとえば中国の乗組員には、月5万円ほどの給料でマグロ漁船に乗っている人がいます。

一方で日本人は、遠洋漁業で月100万円ほど稼ぐ人も珍しくない。マグロ漁船に25人ほど乗船するとなると、日本人一人で中国人全員分ほどの人件費がかかってしまう。それで同じ漁獲量だったらどうですか?

――中国人漁船のほうが、圧倒的にコストが安く済みますね。

【木村】 そうでしょう。しかし日本の漁船は、ほとんど日本人の乗組員だけで構成されている。危険なマグロ漁船に乗りたがる人は稀ですから、給料を高く設定する必要があります。

ならば、もっと積極的に外国人を乗組員に入れればいいのです。漁船の経営者や船長は日本人が担えば、船全体の統制はとれるでしょう。

ところが水産庁の役人は、そうした根本的問題にメスを入れようとはせず、補助金をばらまくばかり。

本当の漁業を知らない人たちが政策を決めているんです。資源をリサイクルして永続的に漁業ができる仕組みを確立する必要があります。

次のページ
世界とつながる漁業・農業改革が必要 >



Voice購入

2020年11月号

Voice 2020年11月号

発売日:2020年10月10日
価格(税込):840円

関連記事

編集部のおすすめ

河野克俊&村田晃嗣 「タンカーを自国で防衛するのは当然」

河野克俊(第五代統合幕僚長)&村田晃嗣(同志社大学法学部教授)

シリコンバレーから学ぶべき、助け合いの精神

松本千尋(BlueStacks日本カントリーマネージャー)

韓国の経済構造を見誤った、文在寅大統領の経済政策

デービッド・アトキンソン(小西美術工藝社代表取締役社長)
日本最大級の癒しイベント出展社募集中

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

  • Twitterでシェアする
日本最大級の癒しイベント出展社募集中

21世紀のよりよい社会を実現するための提言誌として、
つねに新鮮な視点と確かなビジョンを提起する総合月刊誌です。

×