ホーム » Voice » 政治・外交 » アメリカの分断を狙う!? 暗躍するロシア「戦略的テレビ局」

アメリカの分断を狙う!? 暗躍するロシア「戦略的テレビ局」



2020年01月17日 公開

石澤靖治(学習院女子大学教授)

トランプは米露メディア戦争の敗者

覇権国アメリカはこれまで圧倒的な軍事力と経済力を有してきたが、それと表裏一体の関係として常に世論・文化・情報でも主権を有してきた。

ところが現在、ロシアが情報戦略によってアメリカに激しく攻撃を加えており、アメリカは国際的な地位を失いつつある。その背景には露プーチンが着々と準備してきた国際テレビ局「RT」の存在があった。

学習院女子大石澤教授が新著『アメリカ 情報・文化支配の終焉』にてロシアのメディア戦略とアメリカの自壊を示している。ここではその一節を紹介する。

※本稿は石澤靖治著『アメリカ 情報・文化支配の終焉』(PHP新書)より一部抜粋・編集したものです

 

ロシアの戦略的国際テレビ局「RT」は「ロシア・トゥデイ」の頭文字

ロシアはアメリカのCNNとイギリスのBBCに対抗すべく、2005年12月10日に英語による国際報道テレビ局「ロシア・トゥデイ」を開局させた。

実質はロシアの国営メディアであり、後に頭文字をとって、局の名前を「RT」と変えた。

その理由はRT自身が明らかにしているが、「ロシア・トゥデイ」だと「ロシアのテレビ局」というイメージが強いが、RTとするとそれがぼやけて、視聴者にロシアによる偏向報道と見られるのを軽減することを狙ったのだという。

内容も変えた。ロシア・トゥデイではロシアの情報を世界に提供することを中心としていたが、あまり視聴者が増えなかった。そこでRTに模様替えすると同時に、国際ニュース全般を対象にした国際テレビ局にしたのである。

RTは、なかでもSNSが戦略的な意味をもつと位置付けた。

それはオフィシャルなメディアであるテレビであれば、監督当局から何らかの規制を受けるが、ネットにおけるSNSであればそうした規制を免れることができるうえに、ネット上のすべての受け手に情報を広められるからである。

そこでRTではテレビのキャスターにSNSのアカウントをもたせた。そして、そのアカウントを通じた場合にはテレビでは許されないことも発信できる。

つまり国際テレビ局としてのRTを窓口として、そこからSNSで過激な言論を拡散していくことが可能なのである。RTの成功で自信を深めたプーチンにとっては、冷戦時代にラジオでアメリカに敗れた借りを返す絶好の機会でもあった。

次のページ
RTが影響を与えた、2016年米大統領選 >



Voice購入

2020年7月

Voice 2020年7月

発売日:2020年06月10日
価格(税込):840円

関連記事

編集部のおすすめ

中国批判に猛抗議する留学生…アメリカの有名大学を侵食する「孔子学院」

石澤靖治(学習院女子大学教授)

「靖国、歴史」で攻める中国・韓国…日本が引かないために必要な"意識と発信”

石澤靖治(学習院女子大学教授)

ロシアが北方四島を返還できなくなった「本当の事情」

小泉悠(ロシア研究者・軍事アナリスト)
日本最大級の癒しイベント出展社募集中

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

  • Twitterでシェアする
日本最大級の癒しイベント出展社募集中

21世紀のよりよい社会を実現するための提言誌として、
つねに新鮮な視点と確かなビジョンを提起する総合月刊誌です。