ホーム » Voice » 社会・教育 » 吉田茂、吉田昌郎所長、栗林中将…名優・渡辺謙が語る、リーダーの“条件”

吉田茂、吉田昌郎所長、栗林中将…名優・渡辺謙が語る、リーダーの“条件”

2020年03月13日 公開

渡辺謙(俳優)

渡辺謙吉田昌郎所長を熱演する渡辺謙さん©2020『Fukushima 50』製作委員会

3月6日に公開された映画『Fukushima 50』(フクシマフィフティ)で主演を務める俳優・渡辺謙さんは、本作以外にも数々の作品で、重要な決断を迫られるリーダーを演じてきた。そんな渡辺さんに、リーダーに必要な条件についてうかがった。

本稿は月刊誌『Voice』2020年4月号、渡辺謙氏の「日本人は震災を『検証』しているか」より一部抜粋・編集したものです。

聞き手:Voice編集部(中西史也)
スタイリスト:馬場順子
ヘアメイク:筒井智美(PSYCHE)

 

リーダーに必要なのは雑音を吹き飛ばす信念

――渡辺さんは今回の吉田所長のみならず、『硫黄島からの手紙』(2006年)の栗林忠道・陸軍中将や、『負けて、勝つ~戦後を創った男・吉田茂~』(NHKドラマスペシャル、2012年)の吉田茂など、究極の決断を迫られる役を多数演じてきました。そうしたリーダーの心情をどう想像しますか。

【渡辺】本作の吉田昌郎さんはもちろんのこと、それこそ吉田茂首相だって国の命運を左右する判断を迫られた際、悩みを抱えながら決断していたと思うんですね。

僕たちはどうしても、歴史を結果から見ます。でも当事者は、右に行くのか左に行くのか、前が見えないまま進むべき道を選ばなければならない。

はたして自分の決断が後世にとって良いことなのか、気持ちが揺らぐこともあったでしょう。

ただそのなかでも、「必ず日本を正しい将来に導くんだ」という信念が、吉田茂首相にも吉田昌郎さんにもあったのだと思います。

彼らを演じながら、雑音を吹き飛ばすような断固たる覚悟がリーダーには必要だと痛感しましたね。

――渡辺さん自身は普段、物事を即座に決断できるタイプですか?

【渡辺】僕は駄目ですね……(苦笑)。仕事を受けるかどうかを決めるときも、「うーん、どうかな」とぐずぐず悩むんですよ。

――それは意外です。

【渡辺】その分、やると決めたあとは、自分に何ができるかを120%考えて取り組みます。出演を決めた仕事には、一直線に気持ちを燃やしていますね。

ただ最近は、出演を決めて撮影に入ったらあまりにもハードで、少し後悔することがある(笑)。

でもそれをネガティブには捉えていなくて、むしろ良い選択をした証拠なのかもしれません。後悔の念が生まれるのは、すなわち自分の思いどおりにいかなかったからでしょう。ということは、自らの経験や想定を超える作品に出合ったともいえるのです。

次のページ
人間ドラマとして震災を伝えることで生まれるものがある >



Voice購入

2020年4月号

Voice 2020年4月号

発売日:2020年03月10日
価格(税込):840円

関連記事

編集部のおすすめ

あの震災から10年目、名優・渡辺謙が流した涙の理由

渡辺謙(俳優)

渡辺謙「日本人は震災を“検証”しているか」

渡辺謙(俳優)

「戦わなければ守れないものがある」 俳優・西島秀俊が『空母いぶき』を通して感じたこと

西島秀俊(俳優)
リッツカールトン東京 Happy Fes 女性のHappyを応援する日

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

  • Twitterでシェアする
リッツカールトン東京 Happy Fes 女性のHappyを応援する日

21世紀のよりよい社会を実現するための提言誌として、
つねに新鮮な視点と確かなビジョンを提起する総合月刊誌です。