PHPオンライン衆知 » Voice » 社会・教育 » 『パラサイト』躍進の背景にある、アカデミー賞側の“思惑”

『パラサイト』躍進の背景にある、アカデミー賞側の“思惑”

2020年03月17日 公開

伊藤弘了(映画研究者)

人種的多様性をアピールしたいハリウッド

伊藤弘了『パラサイト 半地下の家族』 全国公開中
©2019 CJ ENM CORPORATION,BARUNSON E&A ALL RIGHTS RESERVED 

アカデミー賞が抱える問題は、国籍や言語だけにとどまりません。2016年に行なわれた第88回アカデミー賞では、2年連続で演技部門の候補者20人全員を白人が独占したことに大きな批判が寄せられました。

アカデミー賞は「白いオスカー」と揶揄され、黒人映画監督のスパイク・リーは授賞式のボイコットを呼びかけました。実際、賞の選定に携わるアカデミー会員の圧倒的多数を占めているのは白人男性でした。

こうした事態を重く見たアカデミー賞は、会員構成の見直しに着手します。新規会員候補としてアジア出身者に意識的に目を向け、あまりに偏った従来の人種構成を是正しようと試みたのです。

こうした動きの延長線上に、今回の『パラサイト』の躍進が位置付けられることは間違いないでしょう。『パラサイト』は韓国映画としてのみならず、アジア映画としても初めての作品賞受賞作品に当たります。

もしもこの作品が2016年以前に公開されていたとしたら、今回ほどもち上げられることはなかったはずです。

その意味では、人種的多様性をアピールしたいアカデミー賞側の思惑と、高品質な映画を持続的につくり続けてきた韓国映画とを結び付ける歴史的条件が揃っていたといえるでしょう。

一方で、『パラサイト』が主要部門で複数受賞を果たしながら、演技部門にはノミネートすらされなかった点には、まだまだ人種の壁が残っているように感じます。

Voice購入

2021年11月号

Voice 2021年11月号

発売日:2021年10月08日
価格(税込):840円

関連記事

編集部のおすすめ

『パラサイト』のアカデミー賞受賞が“歴史的必然”である理由

伊藤弘了(映画研究者)

『涼宮ハルヒの憂鬱』に見える、京アニ作品の“こだわり”

伊藤弘了(映画研究者)

『ボヘミアン・ラプソディ』の危険な魅力

伊藤弘了(映画研究者)

2月開催!!ハッピーウーマンオンラインセミナーシリーズ-Dr.クリスティンペイジ

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

  • Twitterでシェアする
2月開催!!ハッピーウーマンオンラインセミナーシリーズ-Dr.クリスティンペイジ

21世紀のよりよい社会を実現するための提言誌として、
つねに新鮮な視点と確かなビジョンを提起する総合月刊誌です。

×